和文化・日本の陶芸

金田充夫(かねだみつお) 世界芸術遺産作家

陶芸家 金田充夫(かねだみつお/Mitsuo Kaneda) 作


窯変紅葉茶碗 「七彩」
(ようへんこうようちゃわん 「しちさい」)

金田充夫 窯変紅葉茶碗 七彩


金田充夫 窯変紅葉茶碗 七彩見込

幸せの青い鳥の羽ばたく姿が器の見込みに浮かび上がった奇跡の作品



1934年愛知県生まれ 

1976年に染色技術者から陶芸に転身

独学で、化学知識を基に、

一つの釉薬で七色を発色する ” 七色釉 ” を作り出し、

” 窯が絵を描く ” 手法を開発



arrow3_orange 陶芸家 金田充夫の受賞歴および受賞作品



↓↓↓紅葉の器 通販ショップの作品を見る↓↓↓

こちらをクリック!







arrow3_orange 赤い抹茶茶碗の陶芸作品はこちら

arrow3_orange 赤いぐい呑みの陶芸作品はこちら










------------------------------------------------------------

フランス「エトワール芸術大賞」受賞

エトワール芸術大賞受賞


”不変の自然美を、一瞬の七色で再現する名品”


目にした人全てに、永遠の感動を刻む「窯変紅葉茶碗」は、

日本人の生み出した陶芸美の、究極の高みである。


前史に例なく、後代千年も、恐らく後継はない。

一代限りの輝きであり、極美の宴である。


もっとも自然の色彩の清々しく、華ある秋の絶景が

本作には、こぼれんばかりの生々しい色の洪水で顕現されている。


金属的な神秘の赤モミジの発色。山から降りてくる茶や黄色の流れ。

まるで水色の桜花のような茶溜まりの秋空。

高台からの白の配分も、一層全体の色を煌々と照らし、声もない。


作家は”窯に絵を描いてもらう”と苦もなく述べるが、

その謙虚な作陶姿勢にも胸打たれる。

作家の作品は、日本の誇りであり、小さな奇跡の実体化でもある。



     文/クリスティーヌ・モノー









akaitouki at 20:08|PermalinkComments(0) 陶芸家プロフィール 

和文化・日本の陶芸

本物をつくり、本物の生き方をする

人生最大の悲劇は、自分を見い出せずに終わること。

人間として生まれ、人間の本分を果たさずに終わることは

悲しいことだ。


人は誰でも才能があり、世界がある。

考える、そして実践する。

その能力を使って創造を発展させれば新しい世界が開かれる。


折角の可能性を無にすることは自分を捨てること。

寿命という限られた時間を有効に使い切ることが

悔いのない人生といえよう。


ひとまねでは意味がない自分の人生。



窯変紅葉茶碗









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 22:20|PermalinkComments(0) 我が陶芸、我が人生 

和文化・日本の陶芸

陶芸に自然の原理を使うと自然が生まれる

空に虹がかかり、春に緑の葉が秋に紅葉する。

自然は様々な色の変化を見せてくれる。

その原理を陶芸に応用すると

人知を超えた作品が生まれる。


素地の土、釉薬の成分、燃焼の方法などの適合を加味して

一度に七色を出し、窯が絵を描く技法の開発で

自然色豊かな日本の季節を陶芸で表現できる。


未知の世界はあこがれ。



窯変桜茶碗








赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 19:36|PermalinkComments(0) 我が陶芸、我が人生 

和文化・日本の陶芸

我が陶芸

八十四歳五ヶ月、死んでいても不思議でない年齢、

生きていることが不思議だ。


人間は感性の生きもの、感じることが生きること。

腹の足しにはならないけれど、

美は心が食べる最高の料理。


人間は自然の中の一員。

自然を知り、自然に従い、自然を探求して、自然美を生み出す。

窯変紅葉茶碗はそれを実体化したもの。

自然美は心の安らぎ。



紅葉のぐいのみ








赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 19:30|PermalinkComments(0) 我が陶芸、我が人生 

和文化・日本の陶芸

美をつくる

花は美しい、説明はいらない、見ただけで感動する。


それぞれが個性を持った形と色、神が創造したデザイン、

真似ることなく、比べることない、己を素直に表現する、

その純粋な姿に人は感動する。


人間が作る美は、その人の技量に依る人工美。


我が窯変の作品は、自然の原理を使って生み出す自然美で

前史に例のない焼き物である。



窯変紅葉茶碗「七彩」









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 15:26|PermalinkComments(0) 我が陶芸、我が人生