和文化・日本の陶芸

金田充夫(かねだみつお) 世界芸術遺産作家

陶芸家 金田充夫(かねだみつお/Mitsuo Kaneda) 作


窯変紅葉茶碗 「七彩」
(ようへんこうようちゃわん 「しちさい」)

金田充夫 窯変紅葉茶碗 七彩


金田充夫 窯変紅葉茶碗 七彩見込

幸せの青い鳥の羽ばたく姿が器の見込みに浮かび上がった奇跡の作品



1934年愛知県生まれ 

1976年に染色技術者から陶芸に転身

独学で、化学知識を基に、

一つの釉薬で七色を発色する ” 七色釉 ” を作り出し、

” 窯が絵を描く ” 手法を開発



arrow3_orange 陶芸家 金田充夫の受賞歴および受賞作品



↓↓↓紅葉の器 通販ショップの作品を見る↓↓↓

こちらをクリック!







arrow3_orange 赤い抹茶茶碗の陶芸作品はこちら

arrow3_orange 赤いぐい呑みの陶芸作品はこちら










------------------------------------------------------------

フランス「エトワール芸術大賞」受賞

エトワール芸術大賞受賞


”不変の自然美を、一瞬の七色で再現する名品”


目にした人全てに、永遠の感動を刻む「窯変紅葉茶碗」は、

日本人の生み出した陶芸美の、究極の高みである。


前史に例なく、後代千年も、恐らく後継はない。

一代限りの輝きであり、極美の宴である。


もっとも自然の色彩の清々しく、華ある秋の絶景が

本作には、こぼれんばかりの生々しい色の洪水で顕現されている。


金属的な神秘の赤モミジの発色。山から降りてくる茶や黄色の流れ。

まるで水色の桜花のような茶溜まりの秋空。

高台からの白の配分も、一層全体の色を煌々と照らし、声もない。


作家は”窯に絵を描いてもらう”と苦もなく述べるが、

その謙虚な作陶姿勢にも胸打たれる。

作家の作品は、日本の誇りであり、小さな奇跡の実体化でもある。



     文/クリスティーヌ・モノー









akaitouki at 20:08|PermalinkComments(0) 陶芸家プロフィール 

和文化・日本の陶芸

四季を創る

春は桜に酔い 

夏は水に遊び

秋は紅葉を歩き 

冬は白銀に跳ねる


日本は自然に恵まれた国、

人間は自然の中の一員

自然と仲良くなることが幸せの土台


窯が色を作り、絵を描く窯変の技法で

四季を再現しました


人の手を離れ窯が作る作品には

喜びがあって、癒しがあって

心を自然に帰してくれます



<春>

窯変茶碗−春



<夏>

窯変茶碗−夏



<秋>

窯変茶碗−秋



<冬>

窯変茶碗−冬









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 09:31|PermalinkComments(0) 陶芸家プロフィール 

和文化・日本の陶芸

人間は自然の中の一員

人間の殻に閉じこもっていると

自分が何者か分からない。


自然あっての人間、

自然の恵みで

命が守られている。


人間が亡びても

自然は悠然たるもの。


自然を知り、

自然に従って生きるのが王道。


人間の世界だけでは、

確かな答えは

出てこない。



窯変紅葉茶碗「七彩」_51









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 17:20|PermalinkComments(0) 我が陶芸、我が人生 

和文化・日本の陶芸

人生は感謝で終わりたい

この我を大切にしてくれる人が

一番大切な人 妻がその人。


我ら夫婦を大切にしてくれる人

それが家族。


人は一人では生きてゆけない。


支え合い 助け合ってこそ

安心して生きられる。


生涯の基盤は家族にあり

老いて終わる時 最後の言葉は

皆んなに ありがとう。



窯変夏茶碗「七彩」_50









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 15:10|PermalinkComments(0) 我が陶芸、我が人生 

和文化・日本の陶芸

人間は欲の塊

欲を良い方に使えば人は幸せに

悪い方に使えば不幸になる。


身勝手な人が集まれば

不都合な世の中に思い、


やさしい人が集まれば

住み易い世の中になる。


集団で成り立つ人間社会

他人は自分、自分は他人


その関係を自覚すれば

みんなが幸せになれる。



窯変桜茶碗「七彩」_49









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 16:23|PermalinkComments(0) 我が陶芸、我が人生 

和文化・日本の陶芸

つなぐ命

人生何をもって良しとするか。


長くもあり、短くもある一生

どれだけの実りを得ることが出来たか

自己満足で終わるか、


だが確かに言えることは

親からもらった命を子に託すことが出来たこと

地位財産よりも尊い命の流れを切らすことなく

後につなぐことが出来たことを誇りに思う。


人間は未来に希望する生きものである。



窯変冬茶碗「七彩」_48









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 10:51|PermalinkComments(0) 我が陶芸、我が人生 

和文化・日本の陶芸

生き甲斐

人間、年齢の節目ふし目で

思うこと、考えることが違う。


若い時は欲望を追いかけ

老いて命の限りを知り

時間を大切に思う。


88歳のいま思うことは先ず健康、

そして好きなことを毎日出来る喜び。


これも共に生きてくれる人が居るから。


何事も二人で一人

助け合って生きる今が幸せ



窯変紅葉茶碗「七彩」_47









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 16:31|PermalinkComments(0) 我が陶芸、我が人生 

和文化・日本の陶芸

人生は革命

今日、面白いことを見つける


明日にその続きが出来ると

生きることが楽しくなる。


人より増しなものにするには

人より努力しないと出来ない。

人に頼ったらひとまねしか出来ない。


自分のものを作るには

自ら生み出す力がいる。


好きなことは楽しい。

楽しいことは疲れない。


日々探究人生、これに限る。



窯変夏茶碗「七彩」_46









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 16:29|PermalinkComments(0) 我が陶芸、我が人生 

和文化・日本の陶芸

何のための人生

何も無く過ぎた人は

あっという間の人生だったという。


苦労で終わった人は

長い人生だという。


苦労が効を奏した人は

良い人生だったと言うだろう。


苦労は薬、

苦労は若いうちにせよと

昔の人はよく言っていた


苦労は心を鍛え 

世の中を教えてくれて

生きる指針となる。


人生の終わりは

幸せであることが大事。



窯変桜茶碗「七彩」_45









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 20:14|PermalinkComments(0) 我が陶芸、我が人生 

和文化・日本の陶芸

生きているから出来ること

人間それぞれに寿命があって

限られた時間だけ

この世に生かされる。


生まれ出て

そして老いて終わるまでに


たくさんの知識を身につけ

たくさんの経験を重ね

たくさんの感動をもらい


人生が楽しかったと言えるように

この一度の限られた時間を

無駄にしないようにしたい。


死んだら何も出来ない。



窯変紅葉茶碗「七彩」_44









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 20:10|PermalinkComments(0) 我が陶芸、我が人生