和文化・日本の陶芸

金田充夫(かねだみつお) エルミタージュ世界芸術遺産認定作家

陶芸家 金田充夫(かねだみつお/Mitsuo Kaneda) 作


窯変紅葉茶碗 「七彩」
(ようへんこうようちゃわん 「しちさい」)

金田充夫 窯変紅葉茶碗 七彩


金田充夫 窯変紅葉茶碗 七彩見込

幸せの青い鳥の羽ばたく姿が器の見込みに浮かび上がった奇跡の作品



1934年愛知県生まれ 

1976年に染色技術者から陶芸に転身

独学で、化学知識を基に、

一つの釉薬で七色を発色する ” 七色釉 ” を作り出し、

” 窯が絵を描く ” 手法を開発



arrow3_orange 陶芸家 金田充夫の受賞歴および受賞作品



↓↓↓紅葉の器 通販ショップの作品を見る↓↓↓

こちらをクリック!







arrow3_orange 赤い抹茶茶碗の陶芸作品はこちら

arrow3_orange 赤いぐい呑みの陶芸作品はこちら










------------------------------------------------------------

フランス「エトワール芸術大賞」受賞

エトワール芸術大賞受賞


”不変の自然美を、一瞬の七色で再現する名品”


目にした人全てに、永遠の感動を刻む「窯変紅葉茶碗」は、

日本人の生み出した陶芸美の、究極の高みである。


前史に例なく、後代千年も、恐らく後継はない。

一代限りの輝きであり、極美の宴である。


もっとも自然の色彩の清々しく、華ある秋の絶景が

本作には、こぼれんばかりの生々しい色の洪水で顕現されている。


金属的な神秘の赤モミジの発色。山から降りてくる茶や黄色の流れ。

まるで水色の桜花のような茶溜まりの秋空。

高台からの白の配分も、一層全体の色を煌々と照らし、声もない。


作家は”窯に絵を描いてもらう”と苦もなく述べるが、

その謙虚な作陶姿勢にも胸打たれる。

作家の作品は、日本の誇りであり、小さな奇跡の実体化でもある。



     文/クリスティーヌ・モノー









akaitouki at 20:08│Comments(0)陶芸家プロフィール 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔