和文化・日本の陶芸

エルミタージュ世界芸術遺産認定作家の称号を授与いただきました

世界三大美術館の一つに称される

ロシアのエルミタージュ美術館。


エルミタージュ美術館




250周年を迎えた今年、

ロシア芸術協会等の協力を得て、

誠に光栄なことですが、

「エルミタージュ世界芸術遺産認定作家」の称号を

授与いただきました。


エルミタージュ世界芸術遺産認定

エルミタージュ世界芸術遺産認定作家−金田充夫




<批評>

作陶は窯の中での神のみぞ知る変化で、

運を天にまかせるようなところが神秘だ。


染色家から陶芸入りした作家は

一釉薬から七変化を可能とした。


紅葉の劇的な諧調を茶碗に創造した

かつてない都雅な野情が出ている。
 
           −文/長谷川 栄




紅葉茶碗の作品は、一つの釉薬で七色を出す。

窯が色を作り絵を描く。


人間を超えた力が働き

器をキャンバスに立体絵画を描く感覚で

作陶しています。

              金田 充夫








金田充夫 赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 21:16│Comments(0)受賞した陶芸作品一覧 | エルミタージュ世界芸術遺産認定

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔