和文化・日本の陶芸

日本工芸美術大賞受賞作品−窯変紅葉茶碗七彩 金田充夫

2016年新春号のArtJournal(アートジャーナル)Vol.85号に

「日本工芸美術大賞」を受賞させていただいた陶芸作品

「窯変紅葉茶碗 七彩(しちさい)」が掲載されました。



日本工芸美術大賞

■ 金田充夫(かねだみつお)


日本工芸美術大賞−金田充夫


ArtJournal−金田充夫




■ 批評



”発想の原点は自然の原理”


紅葉色に窯変した茶碗が並ぶ。

文句なくその様は美しく、圧倒的な存在感を持つ。

この「紅葉茶碗」は作家が精魂込め、

研究・開発した独自の成果で、

その発想の原点は自然の原理にあり、

それを陶芸に応用したまでという。

あとは窯にまかせるだけだが、

そこには長い時の深い蓄積がある。

燃える紅葉は誰もの目を奪い、心に染み入る。



              文/中野 中



紅葉茶碗−金田充夫



紅葉茶碗のさまざまな特徴の作品が、あわせて掲載されました。



日本の秋・紅葉の景色は、他に類を見ない美しさがあり、

陶芸で表現できることの幸せを感じます。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 20:36│Comments(0)受賞した陶芸作品一覧 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔