和文化・日本の陶芸

日本の春、桜の景色を器に映す桜茶碗が出来ました

日本の四季の春のといえば、桜の景色を想像します。


淡いピンクが発色する桜の釉薬をあらたに開発し、

南天窯から新作として、

窯変桜茶碗(ようへん さくらちゃわん)が出来ました。



日本の春 桜茶碗



日本の春 桜茶碗



日本の春 桜茶碗





桜の花びら舞う、春のお花見の席には、

桜茶碗がよく似合いそうです。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 15:49│Comments(0)赤い抹茶茶碗の陶芸作品 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔