和文化・日本の陶芸

物より心

話しが合い 仲良くなると 何でもあげたくなる。

正直で純な心の持ち主は 誰からも愛される。


財産、地位、名誉があっても

歳をとり病気になって 身動きもままならなくなった時、

救いとなるのは人の親切。


物、金に目が眩んでいるうちは

本当に大切なものは見えてこない。


人は人のために尽くす心が

一番の財産であることを知る。



窯変桜茶碗









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 17:29│Comments(0) 我が陶芸、我が人生 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔