2009年11月

和文化・日本の陶芸

山岳の紅葉を映す美しい紅葉の抹茶茶碗ができました

鮮やかで美しい、赤い抹茶茶碗

赤いぐい呑みを作陶する毎日です。


外を眺めると、赤や緑の美しい紅葉の景色。



山岳の紅葉の景色を器に写し取ったような、

美しい抹茶茶碗ができました。


山岳の紅葉を映す抹茶茶碗





器の縁は、ごつごつと見える山岳の風景。

紅葉の抹茶茶碗の器肌を眺めると、

緑から橙、赤から深紅へと変化する紅葉の景色そのもの。


紅葉の抹茶茶碗の器肌



紅葉の写真





窓側に飾って置いた紅葉の抹茶茶碗は、

まるで紅葉の景色をそのまま部屋に持ち込んだようです。


紅葉の抹茶茶碗の見込










赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 20:20|PermalinkComments(0)赤い抹茶茶碗の陶芸作品 

和文化・日本の陶芸

陶芸と、魂のふる里想うことばの書

赤い抹茶茶碗やぐい呑みなどの

陶芸作品を作りながら、


陶芸家生活の中での想いを

ことばの書として表現します。


魂のふる里想うことばの書




子は母からいのちをもらい

おっぱいに吸いつき

肌のぬくもりを感じながら育つ


その子が一生を通じて

最後まで忘れることの出来ない

魂のふる里


それが母








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 19:52|PermalinkComments(0)陶芸家生活のことばの書 

和文化・日本の陶芸

ぐい呑みを覗いてみると、秋の紅葉がありました

赤いぐい呑みと赤い抹茶茶碗の陶芸作品を中心に

陶芸家として生活しています。


窓の外に目をやると、もう紅葉もまっさかり。

日本の秋は、実に美しい。


出来上がったぐい飲みは、

ちょうどそんな、秋の紅葉の景色のよう。

秋の紅葉のようなぐい呑み



新緑から紅葉への色の移り変わり




ぐい呑みを覗いてみると、

葉のような緑色に混ざって、


はっとするような、

秋の紅葉の景色が広がっていました。

ぐい呑みを覗くと紅葉の景色










赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 19:08|PermalinkComments(0)赤いぐい呑みの陶芸作品 

和文化・日本の陶芸

仲良しの夫婦のような赤い抹茶茶碗とぐい呑みです

陶器では珍しいと言われる、

鮮やかな赤い陶芸作品を作陶しています。


赤い抹茶茶碗ぐい呑みを日々

作り続ける陶芸家生活ですが、


仲の良い夫婦のような、

よく似た抹茶茶碗ぐい呑みができました。


仲良し夫婦のような抹茶茶碗とぐい呑み





個展での作品発表の他、

2008年の6月から、インターネットでも

陶芸作品の紹介を始めましたが、


最近では北海道から九州まで、海外は英国からも、

広い地域の方々から、多くのご注文をいただき、

感謝の日々です。


随分と年を重ねてきましたが、

貴重なご意見など頂戴しながら、

より良い、より美しい陶芸作品作りに

まだまだ精を出したい。


燃え尽きるまで、夢を追い続けたいものです。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 20:03|PermalinkComments(0)赤い抹茶茶碗の陶芸作品 

和文化・日本の陶芸

陶芸とことばの書、美は心が食べる最高の料理

赤を基本とし、一種類の釉薬でありながら

赤からいろいろな色へ変化するという

世にも不思議な陶芸作品を作陶しています。


赤い抹茶茶碗やぐい呑みの作品が中心ですが、

赤の美しさに、はっとさせられます。


美は心が食べる最高の料理




もの金は

人間が使うもの


心は人間を

支配するもの


腹の足しには

ならないけれど


美は心が食べる

最高の料理




陶芸家生活の中で浮かぶ想いを、

”ことばの書”として

書き留めています。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 16:25|PermalinkComments(0)陶芸家生活のことばの書