2010年03月

和文化・日本の陶芸

春を想わせる桜色の抹茶茶碗ができました

赤い抹茶茶碗や赤いぐい呑みを作陶する陶芸家生活ですが、

寒さと温かさが同居するこの季節、

庭の桜のつぼみも大きくなり、

春を待ちわびているようです。


そんな春を想わせる桜色の抹茶茶碗ができました。


春を想わせる桜色の抹茶茶碗





赤の釉薬が桜色のようなピンクに変化し、

長石による霜降り模様が桜吹雪のよう。


緑色に窯変した色合いは、

桜の花びらを支える枝葉を想わせます。


桜色の抹茶茶碗のピンクと緑の調和





桜色の抹茶茶碗の見込みを覗いてみると、

満開の桜が辺り一面に広がっているよう。


想像がどんどん膨らんでいきます。


見込に広がる満開の桜景色





庭の桜が満開になるころには、

親族揃う宴の席に桜色の抹茶茶碗をそっと添えて、

春の訪れを迎えたいものです。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 12:47|PermalinkComments(0)赤い抹茶茶碗の陶芸作品