2010年12月

和文化・日本の陶芸

果実のようなぐい呑み、自然な色合いの変化が美しい

果実のような色合いのぐい呑みができました。


鮮やかな赤色からオレンジや黄緑に滑らかに変化した

ぐい呑み作品です。


果実のようなぐい呑み





ぐい呑みの肌にも、色の切れ目なく、

若い果実が赤く成熟するように、

自然な色合いで変化していく様が美しい。


ぐい呑みの胴肌





ぐいのみの見込みには、

ぱっと広がる鮮やかな赤色の景色。


ぐい呑みの見込





飲み口はつるりとした感じで、

美味しいお酒も飲みやすくなります。





作品は一つひとつが手作りなので、

同じ色合い、かたちは二つとありません。


作品ごとの個性が楽しみどころです。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 16:23|PermalinkComments(0)赤いぐい呑みの陶芸作品