2011年11月

和文化・日本の陶芸

赤の世界に光り輝く青、不思議なぐい呑み

このぐい呑み作品は、

赤い色を主として、赤が橙や緑、黄色と変化しますが、


ぐいのみの中を覗いて見ると、

赤の世界とはまったく印象の違う景色が現れます。


赤と青のぐい呑み



赤と青のぐい呑みの見込





青く光り輝く、エメラルドグリーンの湖のよう。

不思議なぐい呑みが出来ました。








101128_youhen01見たことがない陶芸作品の数々、「紅葉の器」の特徴はこちら









赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ



akaitouki at 16:50|PermalinkComments(0)赤いぐい呑みの陶芸作品