2012年06月

和文化・日本の陶芸

陶芸とことばの書、苦しみと悲しみと誠と

独学にて陶芸の研究に入ること36年。

陶芸作品を作る中で、想うことを言葉の書とし、

書体と色で表現しています。


ことばの書、苦しみと悲しみと誠と





苦しみに会って 自分に耐え

悲しみに会って 定めを知り

誠に会って 心を洗う






ことばの書の一覧








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 16:55|PermalinkComments(0)陶芸家生活のことばの書