2012年10月

和文化・日本の陶芸

盛大な第20回国際平和美術展になりました

東京ドームシティのプリズムホールで開催された

第20回国際平和美術展の選抜出展作家として

参加してきました。


第20回国際平和美術展




会場が東京ドームエリアという

集客効果の高い立地ということもあり

数万人の方々が来場されたようで、

たいへん賑やかでした。


当、ギャラリー南天からの出展陶芸作品はこちら



夜にはレセプションにも出席させていただき、

来賓の方々や多くの出展作家が参加し

とても豪華盛大な国際平和美術展になりました。


レセプション




これはレセプション会場で、即興で描かれた

砂絵のアートです。

みるみる変化する情景がとても素敵でした。




作家同士の交流もでき、有意義な展覧会でした。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 17:32|PermalinkComments(0)国際平和美術展へ出展 

和文化・日本の陶芸

窯変紅葉茶碗−国際平和美術展へ作品出展

東京ドームシティで開催される国際的な芸術の一大イベント、

国際平和美術展へ陶芸作品を出展します。


「窯変紅葉茶碗(ようへんこうようちゃわん」と名付けました。


窯変紅葉茶碗-見込





【窯変紅葉茶碗 -金田 充夫】

 一つの釉薬で七色を出す独自の製法を開発し、

 表裏全てが見所の茶碗をキャンバスに

 立体絵画を描く感覚で作陶します。

 美しい日本の四季の中で紅葉の景色を得意とし、

 作るたびに変化する色彩に驚きと喜びを感じます。

 

【Youhen Tea Bowl of Autumn Leaves -Mitsuo Kaneda】

 I made this piece to seem a sort of 3D painting

 on canvas of a teacup with all sides a highlight,

 with my own ceramic technique whereby one glaze

 produces seven different colors.

 Good at creating scenes with Autumn leaves

 from among Japan's beautiful seasons,

 the different colors every time I make something

 always bring surprise and happiness.



窯変紅葉茶碗-正面



窯変紅葉茶碗






展覧会場にて、是非、実物をご覧ください。






arrow3_orange 紅葉の器初めて目にする陶芸作品の数々、「紅葉の器」の特徴はこちら









赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 16:23|PermalinkComments(0)国際平和美術展へ出展