2013年03月

和文化・日本の陶芸

全国選抜作家展は大盛況で有意義なイベントになりました

東京・上野の森美術館にて開催されました「18th日本の美術

全国選抜作家展」は、のべ4,500人の方々が来場され

大盛況のうちに閉幕しました。

上野の森美術館-全国選抜作家展





当、南天窯からは「紅葉茶碗」を出展。

陶芸家 金田充夫-全国選抜作家展にて



紅葉茶碗-全国選抜作家展出展作




本展審査員の一人でもある美術評論家の勅使河原さんとも

直接お会いして話すことができたのは、良い刺激になりました。

勅使河原審査員と談笑中




夜には、出展作家が集まるレセプションパーティーにも

参加させていただき、いろんなジャンルの作家の皆さんと

交わす会話は実に楽しく、新しい発見も。

レセプションパーティー会場




全国選抜作家展には初めての出展でしたが、

実に有意義なイベントになりました。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 20:11|PermalinkComments(0)全国選抜作家展へ出展