2013年11月

和文化・日本の陶芸

美術書籍「日本藝術の創跡Vol.18」へ作品を掲載

昨年に引き続き、今年もまた

著名な美術書籍である「日本藝術の創跡vol.18」へ、

当ギャラリー南天から、代表作・窯変紅葉茶碗の”七彩(しちさい)”を

作品掲載することができました。



先日、「日本藝術の創跡vol.18」の完成版を

手にすることができました。



日本藝術の創跡Vol.18



日本芸術の創跡Vol.18






第18巻(Vol.18)では、日本芸術の”新しき表現の開花”をテーマに

日本画、洋画、工芸、書道、写真などのジャンルで

日本を代表する著名な芸術家たちが名を連ねています。



掲載された陶芸作品”七彩”は、

自然が一番輝く日本の秋・紅葉の世界を、

窯が色を作り、絵を描くがごとく、

たった一つの釉薬(ゆうやく)を使って、

千変万化する色合いを器に表現しています。




この美術書籍「日本藝術の創跡Vol.18」は、

全国の主要図書館をはじめ、世界各国の美術館、大使館など

200箇所以上の場所に配布・収蔵されています。


以下の収蔵先一覧をごらんください。


 「日本藝術の創跡」の配布・収蔵先一覧






 日本藝術の創跡vol.17の記事へ








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 16:52|PermalinkComments(0)日本藝術の創跡へ掲載