2021年05月

和文化・日本の陶芸

いのちとは 生きてのちまで生きるもの

自分は自然発生したものではない。


長い長い先祖からの

いのちの引継ぎに依って

今の自分があるのだ。


授かったいのち

次の世に引き渡していく義務がある。


いのちは自分だけのものではなく

大切な 人間の遺産なのである。



窯変紅葉茶碗「七彩」_32









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 16:23|PermalinkComments(0) 我が陶芸、我が人生