2021年06月

和文化・日本の陶芸

生きる目的がある事はありがたい

友人Sさんが

生きているのが嫌になったと

語りかけて来た。


家族との折り合いが芳しくなく

本人も高齢で目耳が衰え

老いた姿も痛々しい。


朝、畑に来て農作業をし

午後、陶芸で創作意欲旺盛な我は

何と果報者かと心に刻んだ。



窯変桜茶碗_33









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 16:39|PermalinkComments(0) 我が陶芸、我が人生