和文化・日本の陶芸

陶芸と、花になごむことばの書

赤いぐい呑み抹茶茶碗

陶芸作品づくりの生活の中で、


込み上げてくる思いを、ことばの書として

ことばとともに、文字のかたちや色で

書き留めています。


ことばの書-花




どこで咲いても、

花は

万人にほほえむ




花を見ると、

なんとも心がなごみます。


花から感じた印象を、

陶芸作品に表現することもあります。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家のトップへ


akaitouki at 07:57│Comments(0)陶芸家生活のことばの書 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔