和文化・日本の陶芸

陶芸展へお越しいただき、誠にありがとうございました

愛知県陶磁資料館にて、

3月17日から開催しました陶芸展が終了しました。


今回の陶芸展では、

赤い抹茶茶碗や赤いぐい呑みをはじめ、

33年間の陶芸家生活の集大成ともいうべく、

大壺、皿、鉢、花瓶、自由作品など、

バラエティーに富んだ陶芸作品たちを

出展させていただきました。



ご来場者の方々が、一番注目していただけたのが

赤い抹茶茶碗でしょうか。

七色に変化する赤い抹茶茶碗




鮮やかな赤色から橙(だいだい)、緑、黄色、白など、

一つの釉薬で七色を出す抹茶茶碗に

多く方々に、関心を持っていただくことができました。

本日は、愛知県の神田知事にもご来場いただき、

少々びっくりしました。




愛知県陶磁資料館での個展の開催は、2年4ヵ月ぶり。


前回よりも、

ずいぶんと赤色の輝きの強い作品たちが出来ました。


ご来場ありがとうございました





一週間程度の短い期間でしたが、

500名を超える方々にご来場いただき、

誠にありがとうございました。




近日、今度は愛知県知多市で個展を行う予定です。

ことばの書も含めた、書と陶芸展になります。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家のトップへ


akaitouki at 20:52│Comments(0) 愛知県陶磁資料館陶芸展 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔