和文化・日本の陶芸

木っ端の書、夫婦ともに歩み多くを知ります

陶芸家生活も30年を過ぎ、

家族には苦労をかけるばかり。


いま、己が在ることに感謝。



木っ端の書





苦を共にする

連れがいて

慈悲を知る






 ⇒「ちっちゃな美術館ミュゼ」はこちら!








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家のトップへ


akaitouki at 20:37│Comments(0)ちっちゃな美術館ミュゼ陶芸展 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔