全国選抜作家展へ出展

和文化・日本の陶芸

東京上野にてING〜海外アートフェア選考展に紅葉茶碗を出展

秋葉原〜御徒町間のJR高架下にある第2のアート街。

「2k540 AKI-OKA ARTISAN(ニーケー ゴーヨンマル 

アキオカ アルチザン)」が注目を集めています。


その「2k540」ギャラリー街の通り沿いの

EMP GALLERYにて、金田充夫作 窯変紅葉茶碗を

出展します。


金田充夫作−窯変紅葉茶碗 正面


金田充夫作−窯変紅葉茶碗 見込




以下の会場、会期にて開催されます。


■ING〜海外アートフェア選考展〜ver.6

■会期:2014年5月7日(水)〜6月8日(日)※月曜定休

■会場:EMP GALLERY GalleryA,B
    (東京都台東区上野5-10-10)



おおよそ1ヶ月という期間、展示させていただけるので

観光客をはじめ、多くの国内外の方々にご覧いただける

良い機会と期待しております。



窯変紅葉茶碗は、たった一種類の釉薬(ゆうやく)で、

焼成するときの酸化・還元の加減や

温度変化で7色を作り出し、

”窯が絵を描く手法”で、この発色を実現しています。



日本の美しい紅葉の景色を、その器の肌に写す、

実際の作品をご覧いただき、その驚きをご体感ください。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 18:53|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

銀座にて19th日本の美術 受賞作家展に紅葉茶碗を再出展

2014年2月に上野の森美術館にて開催されました

19th日本の美術 全国選抜作家展にて、

「審査員特別賞」を受賞しました紅葉茶碗”七彩”が

5月に銀座にて開催されます受賞作家展にて

ふたたび出展されることになりました。


審査員特別賞-紅葉茶碗


審査員特別賞-紅葉茶碗正面


審査員特別賞-紅葉茶碗見込




以下の会場、会期にて開催されます。


■19th日本の美術 受賞作家展

■会期:2014年5月12日(月)〜5月17日(土)6日間

■時間:11:00〜18:00(※初日は15:00から。最終日は14:00まで)

■会場:銀座アートスペース・ジャンセン美術館
    (東京都中央区銀座6-3-2 ギャラリーセンタービル4F)

■主催:日本の美術選展実行委員会






お近くにお越しの際は、是非、実物をご覧ください。

入場は無料です。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 20:12|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

上野の森美術館にて19th日本の美術展覧会へ参加

東京では45年ぶりの大雪が積もる中、

愛知県大府市から、上野の森美術館にて開催された

19th日本の美術 全国選抜作家展へ行ってきました。


19th日本の美術





絵画や書、彫刻、工芸など様々なジャンルの

全国選抜作家の作品を拝見し、実に斬新な作品にも

触れることができ、良い刺激をたくさんいただきました。


当ギャラリー南天からは、

ひとつの釉薬で七色を発色させる、唯一無二の陶芸作品

紅葉茶碗”七彩(しちさい)”を出展しました。


全国選抜作家展 紅葉茶碗





例年、1日に1,500人の来場者のある大きな美術展で、

夕方から開催された、選抜作家の集うレセプションでは、

かのポール・ゴーギャンのご令孫にあたるマルセル・タイ氏が

母国より会場へ駆けつけていただき、

たいへん有意義で盛大なレセプションになりました。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 19:51|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

19th日本の美術 全国選抜作家展に紅葉茶碗を出展

オーストリアのウィーン、地中海のマルタ島にて

陶芸作品「紅葉茶碗”七彩”」を発表してきましたが、

2014年2月は国内でも、作品を発表します。



上野の森美術館で開催される、第19回日本の美術、

全国選抜作家展に出展します。


19th日本の美術 選抜作家展




全国選抜作家展陶芸作品




■19th日本の美術 全国選抜作家展

■会期:2014年2月15日(土)〜2月18日(火)4日間

■会場:上野の森美術館(東京都台東区上野公園1-2)

■主催:日本の美術選展実行委員会




全国選抜作家展は、1995年以来、国内外の著名な美術評論家、

アートディーラー、コレクター他、

多くの芸術文化関係者のご支援のもと、

日本を代表する作家を選抜して開催されるもので、


当、ギャラリー南天からは、海外からもご好評を

いただけました斬新な陶芸作品を出展できること、

喜ばしい限りです。



作品の審査員には、芸術、デザインなど多方面のスペシャリスト、

桂由美氏、勅使河原純氏、タイモン・スクリーチ氏、

グスタフ・ツィママン氏、マルセル・タイ氏の

5名が参加されます。



会期中、お近くにお寄りの際は、是非足を運んで

いただき、生の作品を見ていただけたらと思います。



入場は無料です。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 21:25|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

全国選抜作家展は大盛況で有意義なイベントになりました

東京・上野の森美術館にて開催されました「18th日本の美術

全国選抜作家展」は、のべ4,500人の方々が来場され

大盛況のうちに閉幕しました。

上野の森美術館-全国選抜作家展





当、南天窯からは「紅葉茶碗」を出展。

陶芸家 金田充夫-全国選抜作家展にて



紅葉茶碗-全国選抜作家展出展作




本展審査員の一人でもある美術評論家の勅使河原さんとも

直接お会いして話すことができたのは、良い刺激になりました。

勅使河原審査員と談笑中




夜には、出展作家が集まるレセプションパーティーにも

参加させていただき、いろんなジャンルの作家の皆さんと

交わす会話は実に楽しく、新しい発見も。

レセプションパーティー会場




全国選抜作家展には初めての出展でしたが、

実に有意義なイベントになりました。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 20:11|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

金田充夫作−窯変紅葉茶碗、全国選抜作家展へ作品出展

東京の上野の森美術館で開催される全国選抜作家展に

当窯元、南天窯から作品「窯変紅葉茶碗」を出展します。


【作家:金田充夫   作品名:窯変紅葉茶碗】

全国選抜作家展-金田充夫_紅葉茶碗1



全国選抜作家展-金田充夫_紅葉茶碗2



全国選抜作家展-金田充夫_紅葉茶碗3





この作品の最大の特徴は、

日本の美しい四季・紅葉の景色を器に表現すること。



それも、何種類もの釉薬で塗り分けるのではなく、

たった一種類の釉薬で、独自の焼成技術で、

赤、だいだい、黄色、緑、青、白、黒と

多彩な紅葉の景色に焼き上げています。



紅葉の景色を焼き上げるためには、

窯が1,200度に昇温し、釉薬の溶け具合を見計らって

火を止めるタイミングは、ほんの数秒。


微妙な判断を必要とするもので、

作品のでき具合は、その時の”運”で決まります。



この前代未聞の陶芸作品「窯変紅葉茶碗」を

展覧会場にて、是非、ご覧ください。




 上野の森美術館の展示案内






arrow3_orange 紅葉の器初めて目にする陶芸作品の数々、「紅葉の器」の特徴はこちら









赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 15:07|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

上野の森美術館の全国選抜作家展に出展します

上野の森美術館で2月に開催される、第18回日本の美術、

全国選抜作家展に、作品を出展することが決まりました。


上野の森美術館 全国選抜作家展





■18th日本の美術 全国選抜作家展

■会期:2013年2月9日(土)〜2月12日(火)4日間

■会場:上野の森美術館(東京都台東区上野公園1-2)

■主催:日本の美術選展実行委員会




今回の出展のために、陶芸作品も新しく、自信作を

出展します。


全国選抜作家展は、1995年以来、国内外の著名な美術評論家、

アートディーラー、コレクター他、

多くの芸術文化関係者のご支援のもと、

日本を代表する作家を選抜して開催されるもので、


当、ギャラリー南天からも斬新な茶碗作品を出展できること、

本当に喜ばしく思います。


芸術、デザインなど多方面のスペシャリスト、

桂由美氏、勅使河原純氏、タイモン・スクリーチ氏、

ハッサン・ワリオ・アレロ氏、マルセル・タイ氏の

5名が審査員として作品の審査をしていただきます。



昨年の来場者は約4,000人になり、大規模で盛況な

展覧会となりました。



会期中、お近くにお寄りの際は、是非足を運んで

いただけたらと思います。入場は無料です。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 20:39|PermalinkComments(0)