かねだみつお

和文化・日本の陶芸

金田充夫(かねだみつお) 世界芸術遺産作家

陶芸家 金田充夫(かねだみつお/Mitsuo Kaneda) 作


窯変紅葉茶碗 「七彩」
(ようへんこうようちゃわん 「しちさい」)

金田充夫 窯変紅葉茶碗 七彩


金田充夫 窯変紅葉茶碗 七彩見込

幸せの青い鳥の羽ばたく姿が器の見込みに浮かび上がった奇跡の作品



1934年愛知県生まれ 

1976年に染色技術者から陶芸に転身

独学で、化学知識を基に、

一つの釉薬で七色を発色する ” 七色釉 ” を作り出し、

” 窯が絵を描く ” 手法を開発



arrow3_orange 陶芸家 金田充夫の受賞歴および受賞作品



↓↓↓紅葉の器 通販ショップの作品を見る↓↓↓

こちらをクリック!







arrow3_orange 赤い抹茶茶碗の陶芸作品はこちら

arrow3_orange 赤いぐい呑みの陶芸作品はこちら










------------------------------------------------------------

フランス「エトワール芸術大賞」受賞

エトワール芸術大賞受賞


”不変の自然美を、一瞬の七色で再現する名品”


目にした人全てに、永遠の感動を刻む「窯変紅葉茶碗」は、

日本人の生み出した陶芸美の、究極の高みである。


前史に例なく、後代千年も、恐らく後継はない。

一代限りの輝きであり、極美の宴である。


もっとも自然の色彩の清々しく、華ある秋の絶景が

本作には、こぼれんばかりの生々しい色の洪水で顕現されている。


金属的な神秘の赤モミジの発色。山から降りてくる茶や黄色の流れ。

まるで水色の桜花のような茶溜まりの秋空。

高台からの白の配分も、一層全体の色を煌々と照らし、声もない。


作家は”窯に絵を描いてもらう”と苦もなく述べるが、

その謙虚な作陶姿勢にも胸打たれる。

作家の作品は、日本の誇りであり、小さな奇跡の実体化でもある。



     文/クリスティーヌ・モノー









akaitouki at 20:08|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

四季を創る

春は桜に酔い 

夏は水に遊び

秋は紅葉を歩き 

冬は白銀に跳ねる


日本は自然に恵まれた国、

人間は自然の中の一員

自然と仲良くなることが幸せの土台


窯が色を作り、絵を描く窯変の技法で

四季を再現しました


人の手を離れ窯が作る作品には

喜びがあって、癒しがあって

心を自然に帰してくれます



<春>

窯変茶碗−春



<夏>

窯変茶碗−夏



<秋>

窯変茶碗−秋



<冬>

窯変茶碗−冬









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 09:31|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

清く正しく美しくは心の見本

人間は心の赴くままに動く生きもの。


不浄、不正、醜さを知って心を修正し

真の姿を見る。


清らかな気持ち、正しい行い、

美しい品格から生まれる一つひとつのものには

間違いのない輝きがあり、心の癒しとなる。


人間のあるべき姿と言えよう。



窯変紅葉茶碗「七彩」_38









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 15:02|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

衣食住足りればそれでよいのか

気持ちを大事にして生きる人間

心の成長が無かったら

喜びは生まれない。


心と心を通い合わせ

お互いに成長し 思いやる。


相手を尊び 自分も尊ばれる。


その関係の中で 奉仕の心を育て

人間としての誇りを築き

共に生きてゆくのが 人の道と言えよう



窯変紅葉茶碗「七彩」_37









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 14:59|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

熱中するものがあるから生きられる

好きだから やり続けられ

興味があるから 探究心が生まれ

目標に向かって突き進むことが

苦にならない。


壁を破ることは意欲が高まり

むしろ楽しいものとなる。


87歳の今、なお続けられるのは

やきものの奥深さに

魅了されたからである。



窯変紅葉茶碗「七彩」_36









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 14:55|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

これでいいのか己の生き方

何を頼り 何に従うか

総べて初めの体験人生。


先の見えない迷いの旅。

答えは自分で探すしかない。


だが確かなことがある。


先人の生きざまを学んで

己の生き方の指針とし

良きをまね 悪しきを戒める。


真っ当な生き方こそ王道。



窯変紅葉茶碗「七彩」_34









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 15:55|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

生きる目的がある事はありがたい

友人Sさんが

生きているのが嫌になったと

語りかけて来た。


家族との折り合いが芳しくなく

本人も高齢で目耳が衰え

老いた姿も痛々しい。


朝、畑に来て農作業をし

午後、陶芸で創作意欲旺盛な我は

何と果報者かと心に刻んだ。



窯変桜茶碗_33









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 16:39|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

いのちとは 生きてのちまで生きるもの

自分は自然発生したものではない。


長い長い先祖からの

いのちの引継ぎに依って

今の自分があるのだ。


授かったいのち

次の世に引き渡していく義務がある。


いのちは自分だけのものではなく

大切な 人間の遺産なのである。



窯変紅葉茶碗「七彩」_32









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 16:23|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

人間は自然の中の一員

土を耕し、種をまき

実を稔らせて、命を繋ぐ。


朝焼け、夕焼けに手を合わせて

天地に感謝する。


自然は偉大であり

人間の世界は小さなものだ。


身の回り総べてのものがあって

命が守られている事を忘れてはならない。


一生は感謝することで終わりたい。



窯変紅葉茶碗「七彩」_31









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 09:46|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

野菜作りは健康づくり

高齢になり 足腰が衰え

体の動きも悪くなって来た時

野菜作りを薦められ 

畑仕事をしているうちに

体の調子が良くなって来た。


鍬を振るい立ったり 

かがんだりする農作業は

健康体操になる。


成長する野菜から 

活力をもらい 心も爽快になり

食べ物が出来 体も鍛えられる。


まさに一石二鳥。



窯変紅葉茶碗「七彩」_30









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 18:18|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

健康は宝

報道で知る 大スターの末期、

決して幸せとは言えないものもある。


86歳、いま健康で好きなことを

毎日出来るということは

何物にも代え難い 貴重な時間である。


それに 美しいものを追及する創作の仕事は

この上ない喜びである。



窯変紅葉茶碗「七彩」_29









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 17:29|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

作陶の楽しみ

好きなことは 頑張らなくても出来る。

興味があれば 続けられ、

いかなる苦労も 苦労と思わない。


作品づくりに没頭していると

知らぬ間に 時間は過ぎ

年を取っているのも忘れる。


長い人生 色々な出会いと発見を重ねて

新しい世界を築いてきた。


作品づくりは 自分づくり、

生き甲斐となる。



窯変紅葉茶碗「七彩」_28









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 17:25|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

傑作は偶然生まれる

手違いで、赤色が出るところ

黄色が出てきた。


何故だろう。


その原因を探求すると

そこにまた新しい分野が開ける。


創作は試行錯誤の繰り返しがあって成せることで

その途中で思わぬ作品が生まれる。


己の力以上の出来映えに感動を覚え

天の力を感じる。



窯変紅葉茶碗「七彩」_27









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 17:53|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

窯変焼は面白い

風の流れで模様ができ

火の燃えようで色が生まれる。


風も火もいつも自由気まま

窯の中はいつも大騒ぎ。


自然を操る”窯”という作家は

いつも自由な絵を描いてくれる。


風の機嫌、火のきげん、

窯の機嫌を取り計らいながら

作品を生み出す陶芸は

何が出て来るかいつも楽しみだ。



窯変紅葉茶碗「七彩」_26









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 19:59|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

絵画を凌ぐ陶芸を

一つの釉薬で七色が出るので

器をキャンバスにして

絵を描くことができる。


自然色なので 

自然の風景を作り出すことができ


時には自然を凌ぐ彩りが生まれ

絵画を超えた色彩の作品が生まれ


作る喜びが一層高まり

作家冥利に尽きるというもの。


陶芸画家という人がいる。



窯変紅葉茶碗「七彩」_25









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 21:21|PermalinkComments(0)