かねだみつお

和文化・日本の陶芸

金田充夫(かねだみつお) 世界芸術遺産作家

陶芸家 金田充夫(かねだみつお/Mitsuo Kaneda) 作


窯変紅葉茶碗 「七彩」
(ようへんこうようちゃわん 「しちさい」)

金田充夫 窯変紅葉茶碗 七彩


金田充夫 窯変紅葉茶碗 七彩見込

幸せの青い鳥の羽ばたく姿が器の見込みに浮かび上がった奇跡の作品



1934年愛知県生まれ 

1976年に染色技術者から陶芸に転身

独学で、化学知識を基に、

一つの釉薬で七色を発色する ” 七色釉 ” を作り出し、

” 窯が絵を描く ” 手法を開発



arrow3_orange 陶芸家 金田充夫の受賞歴および受賞作品



↓↓↓紅葉の器 通販ショップの作品を見る↓↓↓

こちらをクリック!







arrow3_orange 赤い抹茶茶碗の陶芸作品はこちら

arrow3_orange 赤いぐい呑みの陶芸作品はこちら










------------------------------------------------------------

フランス「エトワール芸術大賞」受賞

エトワール芸術大賞受賞


”不変の自然美を、一瞬の七色で再現する名品”


目にした人全てに、永遠の感動を刻む「窯変紅葉茶碗」は、

日本人の生み出した陶芸美の、究極の高みである。


前史に例なく、後代千年も、恐らく後継はない。

一代限りの輝きであり、極美の宴である。


もっとも自然の色彩の清々しく、華ある秋の絶景が

本作には、こぼれんばかりの生々しい色の洪水で顕現されている。


金属的な神秘の赤モミジの発色。山から降りてくる茶や黄色の流れ。

まるで水色の桜花のような茶溜まりの秋空。

高台からの白の配分も、一層全体の色を煌々と照らし、声もない。


作家は”窯に絵を描いてもらう”と苦もなく述べるが、

その謙虚な作陶姿勢にも胸打たれる。

作家の作品は、日本の誇りであり、小さな奇跡の実体化でもある。



     文/クリスティーヌ・モノー









akaitouki at 20:08|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

本物をつくり、本物の生き方をする

人生最大の悲劇は、自分を見い出せずに終わること。

人間として生まれ、人間の本分を果たさずに終わることは

悲しいことだ。


人は誰でも才能があり、世界がある。

考える、そして実践する。

その能力を使って創造を発展させれば新しい世界が開かれる。


折角の可能性を無にすることは自分を捨てること。

寿命という限られた時間を有効に使い切ることが

悔いのない人生といえよう。


ひとまねでは意味がない自分の人生。



窯変紅葉茶碗









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 22:20|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

陶芸に自然の原理を使うと自然が生まれる

空に虹がかかり、春に緑の葉が秋に紅葉する。

自然は様々な色の変化を見せてくれる。

その原理を陶芸に応用すると

人知を超えた作品が生まれる。


素地の土、釉薬の成分、燃焼の方法などの適合を加味して

一度に七色を出し、窯が絵を描く技法の開発で

自然色豊かな日本の季節を陶芸で表現できる。


未知の世界はあこがれ。



窯変桜茶碗








赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 19:36|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

我が陶芸

八十四歳五ヶ月、死んでいても不思議でない年齢、

生きていることが不思議だ。


人間は感性の生きもの、感じることが生きること。

腹の足しにはならないけれど、

美は心が食べる最高の料理。


人間は自然の中の一員。

自然を知り、自然に従い、自然を探求して、自然美を生み出す。

窯変紅葉茶碗はそれを実体化したもの。

自然美は心の安らぎ。



紅葉のぐいのみ








赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 19:30|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

美をつくる

花は美しい、説明はいらない、見ただけで感動する。


それぞれが個性を持った形と色、神が創造したデザイン、

真似ることなく、比べることない、己を素直に表現する、

その純粋な姿に人は感動する。


人間が作る美は、その人の技量に依る人工美。


我が窯変の作品は、自然の原理を使って生み出す自然美で

前史に例のない焼き物である。



窯変紅葉茶碗「七彩」









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 15:26|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

いのちあるものは

いのちあるものは皆、自然の懐で生かされている。


どこで咲いても、花は万人にほほ笑む。

花は広い心の持ち主だ。

来る人なき野山にも、花凛と咲く。


影日向のある人間ははずかしい。

花飾る時その人の心きれい。


花は喜びを深め、悲しみを和らげる。

そして汚れた心を洗い流してくれる。


草なるいのちと、花なるいのちと、

今日を語ろう。



窯変桜茶碗









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 14:34|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

紅葉茶碗が、愛の実践−マザーテレサ物語の表紙を飾りました

1979年にノーベル平和賞を受賞し、2016年9月にバチカンのローマ

カトリック教会で最高の崇敬対象「聖人」に認定されたことを記念して、

マザー・テレサの伝記本が発刊されることになりました。


マザー・テレサの伝記本「LOVE IN ACTION-The Story of Mother Teresa」

愛の実践-マザー・テレサ物語は、


全世界の教育の場に向けて啓蒙図書として刊行されるもので、

この本の表紙には、1万人を超える日本人アーティストの中から

厳選された作家の作品が使われることとなっていましたが、


光栄なことに、陶芸家 金田充夫の代表作「紅葉茶碗 七彩」が選ばれ、

表裏表紙を飾られていただきました。



マザーテレサ物語 表紙


マザーテレサ物語 裏表紙


マザーテレサ物語 作家紹介




愛の実践-マザー・テレサ物語は、国際芸術評議会(I.A.C)の監修により

完全和英対訳国際書籍として、日本・アメリカ・イギリス・フランス・

ドイツ・ギリシャ・ブラジルなど、世界の関連施設に寄贈されます。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 15:28|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

世界芸術遺産百科事典に金田充夫-紅葉茶碗七彩が掲載

■世界芸術遺産百科事典

arrow3_orange 世界芸術遺産百科事典とは

世界芸術遺産百科事典-金田充夫




有史以来の歴史の中から、真に重要な芸術家を収めた

「世界芸術遺産百科事典」が発行され、


その中で名立たる日本の陶芸家20名すべて故人のなか

唯一人、現存する金田充夫が掲載されました。

世界芸術遺産百科事典-金田充夫


世界芸術遺産百科事典-金田充夫


世界芸術遺産百科事典-紅葉茶碗



一つの釉薬で七色を出し、

窯が絵を描くという前史に例のない陶芸手法による作品が

光栄にも世界から評価された結果で、

これからもより多くの方々に知っていただき、

更なる精進に励んでいく所存です。



arrow3_orange 世界芸術遺産百科事典とは








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 14:23|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

日本工芸美術大賞受賞作品−窯変紅葉茶碗七彩 金田充夫

2016年新春号のArtJournal(アートジャーナル)Vol.85号に

「日本工芸美術大賞」を受賞させていただいた陶芸作品

「窯変紅葉茶碗 七彩(しちさい)」が掲載されました。



日本工芸美術大賞

■ 金田充夫(かねだみつお)


日本工芸美術大賞−金田充夫


ArtJournal−金田充夫




■ 批評



”発想の原点は自然の原理”


紅葉色に窯変した茶碗が並ぶ。

文句なくその様は美しく、圧倒的な存在感を持つ。

この「紅葉茶碗」は作家が精魂込め、

研究・開発した独自の成果で、

その発想の原点は自然の原理にあり、

それを陶芸に応用したまでという。

あとは窯にまかせるだけだが、

そこには長い時の深い蓄積がある。

燃える紅葉は誰もの目を奪い、心に染み入る。



              文/中野 中



紅葉茶碗−金田充夫



紅葉茶碗のさまざまな特徴の作品が、あわせて掲載されました。



日本の秋・紅葉の景色は、他に類を見ない美しさがあり、

陶芸で表現できることの幸せを感じます。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 20:36|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

日本の春、桜の景色を器に映す桜茶碗が出来ました

日本の四季の春のといえば、桜の景色を想像します。


淡いピンクが発色する桜の釉薬をあらたに開発し、

南天窯から新作として、

窯変桜茶碗(ようへん さくらちゃわん)が出来ました。



日本の春 桜茶碗



日本の春 桜茶碗



日本の春 桜茶碗





桜の花びら舞う、春のお花見の席には、

桜茶碗がよく似合いそうです。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 15:49|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

紅葉茶碗”七彩(しちさい)”が電子美術書籍へ掲載

陶芸家 金田充夫(かねだみつお)代表作の

紅葉茶碗”七彩(しちさい)”が

電子美術書籍「Ideal Art Gallery」へ掲載されました!


アートギャラリー表紙




iPhoneまたはiPADをお持ちなら、以下のAppStoreから

Ideal Art Galleryを無料でダウンロードしてご覧いただけます。

arrow3_orange AppStoreリンク




このアイコンが目印です。

イデアル電子美術書籍アイコン









赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 14:55|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

特集!金田充夫の芸術世界−BIFROST(ビヴロスト)Vol.18−

美術書籍のBIFROST(ビヴロスト)Vol.18に

金田充夫の特集が組まれ、2015年6月30日に発刊されました!


BIFROST Vol.18




特集「金田充夫の芸術世界(Mitsuo Kaneda)」


特集!金田充夫の芸術世界




掲載されました作品は、紅葉茶碗「七彩」以外にも

いままで個展等で発表してきました陶芸作品や、

作陶する過程で生まれた言葉の書。


特集!金田充夫の芸術世界




水彩画や油彩画も含め、

40年以上の芸術活動の集大成として発表しています。


特集!金田充夫の芸術世界




美術書籍のBIFROST(ビフロスト)は、

国内47都道府県の主要美術館・美術大学、美術専門学校、

欧米の著名大手ギャラリー約300社、並びに

美術品コレクターに寄贈されます。


日本語と英語の全文和英対訳2ヶ国語で掲載されています。








赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 16:13|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

世界平和芸術文化名誉功労大賞受賞作品−窯変桜茶碗 金田充夫

2015年6月発刊のBIFROST(ビヴロスト)Vol.18号に

「世界平和芸術文化名誉功労大賞」を受賞した陶芸作品

「窯変桜茶碗(ようへんさくらちゃわん)」が掲載されました。



世界平和芸術文化名誉功労大賞

■ 金田充夫(かねだみつお)


世界平和芸術文化名誉功労大賞受賞作品 金田充夫




■ 批評



”安定の形姿とよくマッチした窯変の釉色”


吉野山の名品の桜花が、いっぺんに豪華絢爛な花を咲かせ、

辺りを妙趣の色で染めたような、貴やかな趣を持つ茶碗である。


円満で安定ある形姿と、完全にマッチした釉の発色が

焔の柔らかい窯変の演出を受けて艶美となる。



                 文/長谷川 栄








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 16:52|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

七色を彩る紅葉茶碗やぐい呑みを通販、「紅葉の器ショップ」のご紹介

国内、海外で高い評価をいただき、

数々の大賞を受賞させていただきました

紅葉の器「七彩(しちさい)」シリーズが、

通販ショップよりご購入いただけるようになりました。



■ 作品名:窯変紅葉茶碗「七彩」

紅葉茶碗「七彩」 通販ショップ



■ 作品名:窯変紅葉ぐいのみ「七彩」

紅葉ぐい呑み 通販ショップ





「紅葉の器 通販ショップ」では 、

たった一種類の釉薬で、日本の美しい秋、紅葉の景色を

七つの彩りで器に表現した作品”七彩(しちさい)”の

紅葉茶碗と紅葉ぐい呑みの作品をご紹介しています。



↓↓↓紅葉の器 通販ショップの作品を見る↓↓↓

こちらをクリック!






■ 紅葉の器とは


kouyou01



陶器では難しいとされる”鮮やかな赤”の発色を実現

するだけでなく、独自の焼成技法の開発に成功し、

たった一種類の釉薬で、赤、橙、黄、緑、黒、白、青など

七つの彩りを器に表現することに成功しました。


紅葉茶碗「七彩」 通販ショップ



この、一つの釉薬で七色を発色する”七色釉”を使い

酸化・還元といった陶芸の焼成技法を巧みに組み合わせることで、

赤色だけでなく、高温の窯の中でいくつもの色が折り重なり、

美しい紅葉の景色を器に描きます。




日本の四季のひとつ、秋の紅葉の景色も

単に赤一色のものではなく、

新緑の葉が、徐々に黄色、だいだい、深紅へと

多彩に変化していきます。


kouyou02


kouyou03



また、紅葉の野山には、川や滝や湖や青空など、

さまざまな色合いが重なり合って

美しい日本の秋の絶景になります。




紅葉の器とは、

筆や絵の具を使って人間が描く作品とは全く異なり、

”窯に絵を描いてもらう”ことで秋の絶景を器に映し出す

陶芸の歴史に無い、奇跡の陶芸作品です。

紅葉の器 紅葉茶碗 七彩


紅葉茶碗 通販ショップ





「紅葉の器 通販ショップ」の陶芸作品は、

一つ一つ手作りで、二つと同じ色合い・形はありません。

世界にたった一つの作品です。



ここでしか手に入れることのできない、

選りすぐりの紅葉の器の数々をお楽しみください。



期間限定で、送料無料やポイントアップなどの

お得なキャンペーンを実施しています。


ご興味ある作品がございましたら、この機会にどうぞ。


窯変紅葉茶碗「七彩」





こちらをクリック!






■ 窯変紅葉茶碗「七彩」の国内、海外の受賞歴はこちら!








金田充夫 赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 06:32|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

エルミタージュ世界芸術遺産認定作家の称号を授与いただきました

世界三大美術館の一つに称される

ロシアのエルミタージュ美術館。


エルミタージュ美術館




250周年を迎えた今年、

ロシア芸術協会等の協力を得て、

誠に光栄なことですが、

「エルミタージュ世界芸術遺産認定作家」の称号を

授与いただきました。


エルミタージュ世界芸術遺産認定

エルミタージュ世界芸術遺産認定作家−金田充夫




<批評>

作陶は窯の中での神のみぞ知る変化で、

運を天にまかせるようなところが神秘だ。


染色家から陶芸入りした作家は

一釉薬から七変化を可能とした。


紅葉の劇的な諧調を茶碗に創造した

かつてない都雅な野情が出ている。
 
           −文/長谷川 栄




紅葉茶碗の作品は、一つの釉薬で七色を出す。

窯が色を作り絵を描く。


人間を超えた力が働き

器をキャンバスに立体絵画を描く感覚で

作陶しています。

              金田 充夫








金田充夫 赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 21:16|PermalinkComments(0)