かねだみつお

和文化・日本の陶芸

陶芸家 金田充夫(かねだみつお)の受賞歴および受賞作品

akaitouki at 20:10|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

陶芸家-金田充夫(かねだみつお)の赤いぐい呑みと抹茶茶碗

独学にて焼き物の研究をしてきたこと三十余年。

高温焼成する陶器では困難とされている鮮やかな赤を出すことに成功し、

さらにその赤を七色に変化させる技術を確立して、

ぐい呑み抹茶茶碗に広く赤の世界を展開しています。

【鮮やかな赤いぐい呑み】           【七色に変化する赤いぐい呑み】
鮮やかな赤いぐい呑み七色に変化したぐい呑み


【鮮やかな赤い抹茶茶碗】           【七色に変化する赤い抹茶茶碗】
鮮やかな赤い抹茶茶碗七色に変化した抹茶茶碗




作るなら美しいもの、美は心が食べる最高の料理。

真の美は、みんな自然の中にあります。


自然は命の大循環。

自然をどこまで理解できるかが人間の能力。


自然は命の恵み、自然は命の母、自然は命の教師。

自然に心救われ、励まされ、命をもらって人間は生きて行けるのです。


作品づくりは夢づくり、自分づくり、心づくり。

畑を耕し、心を耕して、作品づくりの糧として、

陶芸家生活の毎日が精進です。





赤いぐい呑みの陶芸作品はこちら!

赤い抹茶茶碗の陶芸作品はこちら!














赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家生活のトップへ


akaitouki at 10:00|PermalinkComments(6)

和文化・日本の陶芸

陶芸家 金田充夫(かねだみつお)のプロフィール

当「赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 金田充夫」のサイトに

ご訪問いただき、ありがとうございます。

赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家プロフィール



愛知県大府市の陶芸家、金田充夫(かねだみつお)です。



1934年 愛知県生まれ。

1976年 染色技術者から陶芸に転身。


独学で、化学知識を基に、一つの釉薬で七色を作りだし、

窯が絵を描く手法を開発。


他に書、絵画、詩集を個展やインターネットで発表。

ギャラリー南天主宰。



ご紹介しています陶芸作品は、

窯が色を作り、絵を描き、


自然が一番輝く日本の秋・紅葉の世界は

好むところで千変万化する色彩に

いつも驚きを感じます。


紅葉茶碗”七彩”










赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 01:30|PermalinkComments(0)