抹茶茶碗

和文化・日本の陶芸

ごつごつした岩のような赤いぐい呑みです

鮮やかな赤色の陶器は、なかなか在りません。

赤色はおめでたい席にはいつも用いられる色ですが、

お祝いや喜びの色として、また健康を示す色でもあります。


そんな鮮やかな赤色に魅せられて、

赤い陶芸作品を作陶しています。


岩から削り出したような、

ごつごつした赤いぐい呑みが出来ました。


ごつごつした赤いぐいのみ





ぐい呑みの胴肌をよく見ると、

貫入(かんにゅう)やゆず肌、

鮮やかな赤から橙(だいだい)へ窯変する景色が、

陶芸作品をより引き立ててくれています。


ごつごつした赤いぐい飲みの胴肌





ぐい呑みというのは、お酒を飲む器、酒器です。

ごつごつした形は、ぐいっと握り易くもあり、

お祝いのお酒、喜びのおいしいお酒を飲む席には、

とても似合うことでしょう。


ごつごつした赤いぐいのみの見込










赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 21:37|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

陶芸と、定めに想うことばの書

陶芸家として、

赤いぐい呑みと抹茶茶碗を中心の作陶する毎日ですが、

陶芸作品づくりの陶芸家生活の中で、

込み上げてくる想いを詩に書き留めて、

「ことばの書」としています。


定めに想うことばの書





のがれられない

定めに泣いて、


流す涙に

慰められ、


未練の鎖を

解かしてもらう








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 10:59|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

陶芸家生活と玉ねぎの収穫

赤い抹茶茶碗やぐい呑みの陶芸作品づくりの毎日ですが、

夫婦で畑を耕して、これも毎日、野菜作りもしています。


陶芸作品づくりも野菜作りも土いじりの毎日。

70歳の古希を過ぎた夫婦の健康の秘訣でもあります。



畑では、玉ねぎが大きくなってきました。

玉ねぎは収穫しても保存がききますので、

450本ほど作っています。


玉ねぎがいっぱい





収穫時期をずらしていきますので、

三段階に間をおいて植え付けます。


マルチ(黒いビニール)を敷いて、

20cm間隔くらいに穴を開けて苗を植える。


玉ねぎは虫がつかないので、手間のかからない作物です。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 10:42|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

一種類の釉薬が赤、黄、緑、青など七色に変化する抹茶茶碗

赤い抹茶茶碗や、赤いぐい呑みを作陶していますが、

赤色の釉薬が、赤、黄、緑、橙、青、茶、黒と、

七色に変化する見事な抹茶茶碗ができました。


七色に変化する赤い抹茶茶碗




七色に変化する抹茶茶碗の器肌







一つの絵の具(顔料)で七色を出すといっても、

誰も信用しません。



自然界では、秋の紅葉の季節には、

緑の葉が、黄色に変わり、赤色に変わり、

一枚の木の葉が、色とりどりに変わっていきます。


自然では、常にある普通のことです。




陶芸において、

赤の色素を還元して不飽和状態にして、

他の元素と反応させると分子構造が変化して、

他の様々な色に変わっていきます。


科学すれば、何の不思議もありません。




自然の木の葉に現れた色とりどりの変化も、

これは、太陽の光によって起こる化学変化。




陶芸を科学して誕生した、

一種類の釉薬で七色に変化する陶芸作品たちに、

陶芸家としての楽しみがどんどん湧いてきます。


七色に変化する抹茶茶碗の見込景色










赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 20:25|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

陶芸家生活の始まりは朝の散歩から

赤いぐい呑み抹茶茶碗をつくる陶芸家生活ですが、


一日の始まりはいつも、妻と近くの公園へ行き、

一時間程度の散歩をかねたウォーキングを楽しんでいます。


陶芸家生活の始まりは妻と散歩




樹木の多い公園なので、肌が冷んやりして

避暑地にでもいった気分になれるのがいいですね。


一日の気持ちを新たにして、今日も畑仕事に向かいます。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家のトップへ


akaitouki at 14:37|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

眺める角度でまったく違った景色を楽しむ抹茶茶碗

抹茶茶碗の中に、

おもしろい情景を映し出す陶芸作品ができました。


この抹茶茶碗は、鮮やかな赤色を出す釉薬を使い、

鮮やかな赤よりも、橙(だいだい)、緑、灰(グレー)、黒、

白など、様々な色に窯変(ようへん)する、

不思議な陶芸作品となりました。



多彩な変化が楽しめる抹茶茶碗





鮮やかな赤色の釉薬でありながら、

赤が赤で無くなる瞬間を器に捕らえ、

作品の情景を描いています。



多彩な変化が楽しめる抹茶茶碗(背面)





この抹茶茶碗は、眺める角度によっても、

まったく違った景色を楽しむことができて

なんとも、おもしろい。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家のトップへ


akaitouki at 21:16|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

桜の花見には桃色の抹茶茶碗が似合います

鮮やかな赤色の抹茶茶碗

ぐい呑みを中心に作陶していますが、


春の桜の季節には、

赤色が淡く桃色に変化した抹茶茶碗がよく似合います。

桜とピンクの抹茶茶碗




春の茶席風にアレンジしてみました。



桜の木の下で、花見を楽しみながら、

桜色したピンクの抹茶茶碗

優雅にお茶会など楽しめたなら、

風情があっていいですね。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家のトップへ


akaitouki at 13:32|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

個展も無事終わり、ありがとうございました

書と陶芸展と題して開催しました個展も、

無事終了することができました。

書と陶芸展




ちっちゃな美術館ミュゼにお立ち寄りいただいた皆様、

遠方より、作品鑑賞に来てくださった皆様、

個展会場を提供くださった関係者の皆様、

本当にありがとうございました。


いろいろな方とお話できたことで、

今後の作陶の刺激とさせていただくことが

できました。


赤いぐい呑みと抹茶茶碗の

陶芸作品づくりに精を出す陶芸家生活ですが、

まだまだこれから。


燃え尽きるまで人生。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家のトップへ


akaitouki at 20:35|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

抹茶茶碗やぐい呑み、木っ端の書を展示しています

愛知県知多市にあります

ちっちゃな美術館ミュゼにて、

赤い抹茶茶碗や赤いぐい呑み、花瓶や自由作品、

木っ端の書などを多数展示しています。

ちっちゃな美術館ミュゼ





館内はとてもゆっくりした時間が流れています。

外は桜が満開です。

一日一日、大切に過ごしたいものです。


お近くをお通りの際には、

是非、お立ち寄りください。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家のトップへ


akaitouki at 20:12|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

書と陶芸展では、木っ端の書を展示しています

ちっちゃな美術館ミュゼにて

みつおの書と陶芸展を開催しています。


赤い抹茶茶碗や赤いぐい呑みのほか、

切り株に言葉を墨書きした

木っ端の書を展示しています。

木っ端の書





神さまは

いのちを授けると共に

苦しみを

背負わせてくれた


だから

苦しみのない人生なんて

ありはしない


一つ一つの苦しみを

壊して積み上げたところに

幸せが生まれてくる

私にはそんな思いがする







 ⇒「ちっちゃな美術館ミュゼ」はこちら!








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家のトップへ


akaitouki at 22:16|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

ちっちゃな美術館ミュゼにて書と陶芸展を開催します

赤い抹茶茶碗と赤いぐい呑みの陶芸作品を作陶しています。


愛知県陶磁資料館での陶芸展に続き、

愛知県知多市の「ちっちゃな美術館ミュゼ」にて、

書と陶芸展を開催します。



書と陶芸展の開催期間は、

2009年4月1日(水)〜4月11日(土)まで。

時間は、午前10:00〜午後5:00。

ただし、月曜日と火曜日は休館日になります。



書




日々の陶芸家生活で湧き出る思いを

ことばの書として、


ことばとともに、文字のかたちや色で

描いています。



窯変南天赤の作品




七色に変化する赤い抹茶茶碗や、

赤いぐい呑み、赤いコーヒーカップなどの

陶芸作品を出展しています。





人生も終章に入り、願うことは、

先ず健康であり、

毎日が平穏であること。


だが、心はいつも

新しいときめきを求めています。


美は心が食べる最高の料理といいます。

美しいものに会って心を新たにし、

美しいものを作って自分を確かめる。


今、陶器では困難とされている鮮やかな赤、

一つの釉薬で七色を一度に出す、

専門家も知らない焼き物づくりに

心をときめかせています。




 ⇒「ちっちゃな美術館ミュゼ」はこちら!








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家のトップへ


akaitouki at 21:55|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

陶芸展へお越しいただき、誠にありがとうございました

愛知県陶磁資料館にて、

3月17日から開催しました陶芸展が終了しました。


今回の陶芸展では、

赤い抹茶茶碗や赤いぐい呑みをはじめ、

33年間の陶芸家生活の集大成ともいうべく、

大壺、皿、鉢、花瓶、自由作品など、

バラエティーに富んだ陶芸作品たちを

出展させていただきました。



ご来場者の方々が、一番注目していただけたのが

赤い抹茶茶碗でしょうか。

七色に変化する赤い抹茶茶碗




鮮やかな赤色から橙(だいだい)、緑、黄色、白など、

一つの釉薬で七色を出す抹茶茶碗に

多く方々に、関心を持っていただくことができました。

本日は、愛知県の神田知事にもご来場いただき、

少々びっくりしました。




愛知県陶磁資料館での個展の開催は、2年4ヵ月ぶり。


前回よりも、

ずいぶんと赤色の輝きの強い作品たちが出来ました。


ご来場ありがとうございました





一週間程度の短い期間でしたが、

500名を超える方々にご来場いただき、

誠にありがとうございました。




近日、今度は愛知県知多市で個展を行う予定です。

ことばの書も含めた、書と陶芸展になります。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家のトップへ


akaitouki at 20:52|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

赤い抹茶茶碗やぐい呑み以外の作品も出展しています

一週間くらいの短い期間ではありますが、

愛知県陶磁器資料館のギャラリーにて、

陶芸展を開催しています。



今回の個展では、

赤い抹茶茶碗やぐい呑みの陶芸作品だけでなく、

他の陶芸作品も出展しています。



野焼きの大壺




野焼きの大壺です。

予測不可能な状態で灰が被って、

おもしろい模様になりました。



大皿




こんな大皿も出展しています。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家のトップへ


akaitouki at 19:12|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

個展での赤い抹茶茶碗はこの作品を選びました

愛知県陶磁資料館にて陶芸展を開催しています。


今回の個展での赤い抹茶茶碗の作品は、

この陶芸作品をご紹介しています。


一つの釉薬で七色を出す抹茶茶碗





この赤い抹茶茶碗は、

多彩な色変化が最大の特徴です。



一つの釉薬で七色を出す焼き物で、

焼成時に着色料の顔料を不飽和状態にして

他の色の特徴をもった元素と結合させることで

赤でない様々な色を作り出す

今までにない発想で作り上げた焼き物です。



会場には、手にとって見ていただける

赤い抹茶茶碗もご用意しています。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家のトップへ


akaitouki at 19:25|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

今日から陶芸展(個展)が始まりました

愛知県陶磁資料館のギャラリーにて、

わたしの陶芸展(個展)が始まりました。



愛知県陶磁資料館の周辺は野山もあり自然がいっぱいです。

愛知万博が開催された地域でもあり、

また大学なども多く、文教の地区でもあります。


和文化を楽しんでいただくには良いところです。



愛知県陶磁資料館の外観



ギャラリーのご案内





大きな案内版も用意していただきありがとうございます。



ギャラリーは、案内カウンターを通って右の奥の方にあります。

入場無料ですので、多くの方にご覧いただければと思います。






   ⇒ 愛知県陶磁資料館へのリンクはこちら!








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家のトップへ


akaitouki at 18:15|PermalinkComments(0)