燃え尽きるまで人生

和文化・日本の陶芸

精進すれば報われる

情熱は燃やし続けるもの。


陶芸に自然の原理を使うと自然が生まれ

自然の機能に人間の能力を足すと

自然を超えた自然が生まれる。


遥かなる自然には 

永遠の喜びがある。


我が窯変のやきものは

変幻自在の顔を持つ 

前史に無いやきものであり

命も喜んでいる。


燃え尽きるまで人生だ。



窯変紅葉茶碗「七彩」_22









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 16:00|PermalinkComments(0)