紅葉茶碗

和文化・日本の陶芸

金田充夫(かねだみつお) エルミタージュ世界芸術遺産認定作家

陶芸家 金田充夫(かねだみつお/Mitsuo Kaneda) 作


窯変紅葉茶碗 「七彩」
(ようへんこうようちゃわん 「しちさい」)

金田充夫 窯変紅葉茶碗 七彩


金田充夫 窯変紅葉茶碗 七彩見込

幸せの青い鳥の羽ばたく姿が器の見込みに浮かび上がった奇跡の作品



1934年愛知県生まれ 

1976年に染色技術者から陶芸に転身

独学で、化学知識を基に、

一つの釉薬で七色を発色する ” 七色釉 ” を作り出し、

” 窯が絵を描く ” 手法を開発



arrow3_orange 陶芸家 金田充夫の受賞歴および受賞作品



↓↓↓紅葉の器 通販ショップの作品を見る↓↓↓

こちらをクリック!







arrow3_orange 赤い抹茶茶碗の陶芸作品はこちら

arrow3_orange 赤いぐい呑みの陶芸作品はこちら










------------------------------------------------------------

フランス「エトワール芸術大賞」受賞

エトワール芸術大賞受賞


”不変の自然美を、一瞬の七色で再現する名品”


目にした人全てに、永遠の感動を刻む「窯変紅葉茶碗」は、

日本人の生み出した陶芸美の、究極の高みである。


前史に例なく、後代千年も、恐らく後継はない。

一代限りの輝きであり、極美の宴である。


もっとも自然の色彩の清々しく、華ある秋の絶景が

本作には、こぼれんばかりの生々しい色の洪水で顕現されている。


金属的な神秘の赤モミジの発色。山から降りてくる茶や黄色の流れ。

まるで水色の桜花のような茶溜まりの秋空。

高台からの白の配分も、一層全体の色を煌々と照らし、声もない。


作家は”窯に絵を描いてもらう”と苦もなく述べるが、

その謙虚な作陶姿勢にも胸打たれる。

作家の作品は、日本の誇りであり、小さな奇跡の実体化でもある。



     文/クリスティーヌ・モノー









akaitouki at 20:08|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

日本工芸美術大賞受賞作品−窯変紅葉茶碗七彩 金田充夫

2016年新春号のArtJournal(アートジャーナル)Vol.85号に

「日本工芸美術大賞」を受賞させていただいた陶芸作品

「窯変紅葉茶碗 七彩(しちさい)」が掲載されました。



日本工芸美術大賞

■ 金田充夫(かねだみつお)


日本工芸美術大賞−金田充夫


ArtJournal−金田充夫




■ 批評



”発想の原点は自然の原理”


紅葉色に窯変した茶碗が並ぶ。

文句なくその様は美しく、圧倒的な存在感を持つ。

この「紅葉茶碗」は作家が精魂込め、

研究・開発した独自の成果で、

その発想の原点は自然の原理にあり、

それを陶芸に応用したまでという。

あとは窯にまかせるだけだが、

そこには長い時の深い蓄積がある。

燃える紅葉は誰もの目を奪い、心に染み入る。



              文/中野 中



紅葉茶碗−金田充夫



紅葉茶碗のさまざまな特徴の作品が、あわせて掲載されました。



日本の秋・紅葉の景色は、他に類を見ない美しさがあり、

陶芸で表現できることの幸せを感じます。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 20:36|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

全山紅葉する奥に滝が流れる景色の紅葉茶碗です

鮮やかな赤色を基調にして、

その赤が独自の焼成技術によって七色に変化する。

見たこともない抹茶茶碗を作陶しています。


紅葉する山に滝が流れる抹茶茶碗




全山紅葉するその奥に滝が流れ落ちる。

そんな風景を想像する作品です。


窯変紅葉茶碗”七彩(しちさい)”と名付けました。


抹茶茶碗の景色




抹茶茶碗の見込に映る滝





紅葉茶碗とは、

筆や絵の具を使って人間が描く作品とは全く異なり、

”窯に絵を描いてもらう”ことで秋の絶景を器に映し出す

陶芸の歴史に無い、奇跡の抹茶茶碗です。






arrow3_orange 紅葉の器初めて目にする陶芸作品の数々、「紅葉の器」の特徴はこちら









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 17:38|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

七色を彩る紅葉茶碗やぐい呑みを通販、「紅葉の器ショップ」のご紹介

国内、海外で高い評価をいただき、

数々の大賞を受賞させていただきました

紅葉の器「七彩(しちさい)」シリーズが、

通販ショップよりご購入いただけるようになりました。



■ 作品名:窯変紅葉茶碗「七彩」

紅葉茶碗「七彩」 通販ショップ



■ 作品名:窯変紅葉ぐいのみ「七彩」

紅葉ぐい呑み 通販ショップ





「紅葉の器 通販ショップ」では 、

たった一種類の釉薬で、日本の美しい秋、紅葉の景色を

七つの彩りで器に表現した作品”七彩(しちさい)”の

紅葉茶碗と紅葉ぐい呑みの作品をご紹介しています。



↓↓↓紅葉の器 通販ショップの作品を見る↓↓↓

こちらをクリック!






■ 紅葉の器とは


kouyou01



陶器では難しいとされる”鮮やかな赤”の発色を実現

するだけでなく、独自の焼成技法の開発に成功し、

たった一種類の釉薬で、赤、橙、黄、緑、黒、白、青など

七つの彩りを器に表現することに成功しました。


紅葉茶碗「七彩」 通販ショップ



この、一つの釉薬で七色を発色する”七色釉”を使い

酸化・還元といった陶芸の焼成技法を巧みに組み合わせることで、

赤色だけでなく、高温の窯の中でいくつもの色が折り重なり、

美しい紅葉の景色を器に描きます。




日本の四季のひとつ、秋の紅葉の景色も

単に赤一色のものではなく、

新緑の葉が、徐々に黄色、だいだい、深紅へと

多彩に変化していきます。


kouyou02


kouyou03



また、紅葉の野山には、川や滝や湖や青空など、

さまざまな色合いが重なり合って

美しい日本の秋の絶景になります。




紅葉の器とは、

筆や絵の具を使って人間が描く作品とは全く異なり、

”窯に絵を描いてもらう”ことで秋の絶景を器に映し出す

陶芸の歴史に無い、奇跡の陶芸作品です。

紅葉の器 紅葉茶碗 七彩


紅葉茶碗 通販ショップ





「紅葉の器 通販ショップ」の陶芸作品は、

一つ一つ手作りで、二つと同じ色合い・形はありません。

世界にたった一つの作品です。



ここでしか手に入れることのできない、

選りすぐりの紅葉の器の数々をお楽しみください。



期間限定で、送料無料やポイントアップなどの

お得なキャンペーンを実施しています。


ご興味ある作品がございましたら、この機会にどうぞ。


窯変紅葉茶碗「七彩」





こちらをクリック!






■ 窯変紅葉茶碗「七彩」の国内、海外の受賞歴はこちら!








金田充夫 赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 06:32|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

世界芸術遺産百科事典とは

■世界芸術遺産百科事典とは?


芸術の表現様式が多様化する現在、

歴史的・国際的に普遍的な価値を持つ芸術とは何かが問われており、

世界中の芸術家の中から真の意味で世界基準の実力を持つアーティストを

多角的に検証する必要性を訴える声が多くの芸術関係機関から

伝えられる中、歴史的に重要な芸術家についての国際的な共通認識の

形成を目的とする「世界芸術遺産百科事典」が、

International art council(国際芸術評議会)の監修により

刊行されました。


この「世界芸術遺産百科事典」は、歴史的に重要な1,000人を超える

世界の芸術家のプロフィールが掲載された芸術家の人名事典です。

その中で、故人から現存する芸術家含め144人の作品が選抜され、

作品を写真で紹介しています。


誰もが知るダ・ビンチ、ピカソ、ゴッホ、ミレー、フェルメール、

葛飾北斎、喜多川歌麿らとともに掲載されています。


芸術文化の先進国の有史以来の歴史の中から選抜された

真に重要な芸術家を収める初めての芸術百科事典の決定版として、

各国の美術関係者の注目を集めるものになっています。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 13:49|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

スイス・モントルーアートフェアへ陶芸作品を出展

毎年11月にはアートフェアで賑わう

スイスの芸術都市モントルー。


モントルーアートフェアへ、当ギャラリー南天から、

日本を代表する陶芸作品として、

窯変紅葉茶碗を出展、発表いたします。



以下の会場、会期にて開催されます。


■モントルーアートウェア

■会期:2014年11月5日(水)〜11月9日(日)5日間

■会場:モントルースイス 音楽&コンベンションセンター




是非、実物をご覧ください。入場は無料です。








金田充夫 赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 16:39|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

エトワール芸術大賞受賞作品−窯変紅葉茶碗 金田充夫

2014年12月発刊の美術の杜vol.36創立10周年記念号に

フランス「エトワール芸術大賞」を受賞した陶芸作品

「窯変紅葉茶碗」が掲載されました。


美術の杜vol36冬号


美術の杜vol36冬号掲載




エトワール芸術大賞

■ 金田充夫(かねだみつお)


エトワール芸術大賞受賞作品 金田充夫


エトワール芸術大賞受賞作品 金田充夫





選考委員会のクリスティーヌ・モノーさんから

とても刺激的な批評をいただき光栄です。

クリスティーヌ・モノー氏の批評



”不変の自然美を、一瞬の七色で再現する名品”


目にした人全てに、永遠の感動を刻む「窯変紅葉茶碗」は、

日本人の生み出した陶芸美の、究極の高みである。


前史に例なく、後代千年も、恐らく後継はない。

一代限りの輝きであり、極美の宴である。


もっとも自然の色彩の清々しく、華ある秋の絶景が

本作には、こぼれんばかりの生々しい色の洪水で顕現されている。


金属的な神秘の赤モミジの発色。山から降りてくる茶や黄色の流れ。

まるで水色の桜花のような茶溜まりの秋空。

高台からの白の配分も、一層全体の色を煌々と照らし、声もない。


作家は”窯に絵を描いてもらう”と苦もなく述べるが、

その謙虚な作陶姿勢にも胸打たれる。

作家の作品は、日本の誇りであり、小さな奇跡の実体化でもある。



                 文/クリスティーヌ・モノー








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 18:07|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

国際美術評論家大賞受賞作品−窯変紅葉茶碗 金田充夫

2014年8月発刊の美術の杜vol.35創立10周年記念号に

陶芸部門の国際美術評論家大賞を受賞した作品

「窯変紅葉茶碗(ようへんこうようちゃわん)」が

掲載されました。


美術の杜vol35夏号


美術の杜vol35夏号掲載




国際美術評論家大賞

■ 金田充夫(かねだみつお)


国際美術評論家大賞受賞作品 金田充夫


国際美術評論家大賞受賞作品 金田充夫





選考委員会のクリスティーヌ・モノーさんから

作品への好評価の批評をいただき、喜ばしい限りです。


クリスティーヌ・モノー氏の批評

”秋景の美を封印する、七色釉の魅惑”

日本の秋の紅葉の、真紅や黄、目を射るオレンジの、

普遍的な色の鮮明が、複雑な変容を見せながら、

神秘の発色に昇華した「窯変紅葉茶碗」は、

日本人陶芸家の創出した、至高の名品だ。


手応え豊かな沓形の重厚感、

見込みに覗く黒、高台脇に残る白の按配、

赤耀色が虹の輝きを放つ光沢の天下無比など、

”自然の色”が、一個の意匠に凝集された様は、

窯変茶碗の歴史を塗り替えるほどの

高貴な存在感に満ちる。

宝石紅や火炎紅にも勝る、銅紅釉の美しさは、

永遠に世界を瞠目させ続けるだろう。


さらに本作が秀逸なのは、

茶溜まりに広がる水色の味わいで、

紅葉を映す湖面、あるいは秋空の澄明を体感させ、

作品の広がりを、真に自然へと還元し、

壮麗極まりない。


          −文/クリスティーヌ・モノー








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 14:30|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

スイス・ジャパンアートフェスティバルinベルンへ作品を出展

日本・スイス国交樹立150周年記念展としてスイスで開催される

ジャパンアートフェスティバルinベルン2014の美術展へ

当ギャラリーから代表作品・窯変紅葉茶碗を出展、発表

いたします。



以下の会場、会期にて開催されます。


■Japan Art Festival in Berne 2014

■会期:2014年10月23日(木)〜10月27日(月)5日間

■会場:スイス連邦ベルン市 パウル・クレーセンター
    Zentrum Paul Klee




是非、実物をご覧ください。入場は無料です。








金田充夫 赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 16:22|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

日独芸術の絆 美術展に窯変紅葉茶碗「七彩」を出展

日本東京と、ドイツベルリンが姉妹都市協定を結んだ

20周年を記念して、それぞれ両都市で美術展が

開催されます。


芸術の絆 美術展




当ギャラリー南天からは、窯変紅葉茶碗「七彩」を

出展します。


ひとつの釉薬で七色を発色する”七色釉”の奇跡により、

美しい日本の秋、紅葉の世界を器へ焼き付けた

類のない独創的な陶芸作品です。


窯変紅葉茶碗「七彩」


窯変紅葉茶碗「七彩」




美術展の会期、会場は以下です。


■ 芸術の音色 〜Art Harmony〜 美術展

 会期:2014年6月22日(日)〜24日(火)

 会場:シャルロッテンブルグ宮殿 グローセ・オランジェリー
   in ドイツベルリン

 後援:共益法人独日協会ベルリン



■ 芸術の絆 美術展

 会期:2014年8月20日(水)〜23日(土)

 会場:東京芸術劇場展示ギャラリー1(池袋)

 後援:ラーテノウ芸術家グループ



是非、実物をご覧ください。入場は無料です。








金田充夫 赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 14:26|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

現代工芸作家大賞受賞作品−窯変紅葉茶碗 金田充夫

2014年4月発刊の美術の杜vol.34創立10周年記念号に

2013年現代工芸作家大賞を受賞した代表作品

「窯変紅葉茶碗」が掲載されました!


美術の杜vol34春号


美術の杜vol34春号掲載




2013現代工芸作家大賞

■ 金田充夫(かねだみつお)


現代工芸作家大賞受賞作品 金田充夫





選考委員会委員長の長谷川栄さんから批評をいただき、

誠に嬉しいことに作品への高い評価をいただきました。


長谷川栄氏の批評



”マルチアーティストが陶に演出する色彩世界”


1976年には既に染色のエキスパートから、

工芸制作者へと意欲的に転向をはかって、

今日の陶芸制作への驀進が始まり、

幸いなことにして、染色で得た化学知識や可能性を発展させて、

陶磁における発色の夢の展開を実証している。


例えば一つの釉薬にもかかわらず

酸化・還元の加減や温度変化で7色を作り出し、

”窯が絵を描く手法”まで開発に成功させた。


この「窯変紅葉茶碗」もまさに秋色に輝く山地の景を

器に取り込んで、スケールが大きく野趣豊かな実景を

彷彿させるカラーのうねりを表現しているので、

手中に収めた吾々を景趣に酔わせてしまう。


               −文/長谷川 栄



陶芸作品「窯変紅葉茶碗」は、オーストリア・ウィーン、

地中海・マルタ島、フランス・パリと、

海外への作品発表を積極的に行ってきましたが、


今後は台湾、ドイツ、イタリア、アメリカへも

続々作品発表していきます。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 17:43|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

東京上野にてING〜海外アートフェア選考展に紅葉茶碗を出展

秋葉原〜御徒町間のJR高架下にある第2のアート街。

「2k540 AKI-OKA ARTISAN(ニーケー ゴーヨンマル 

アキオカ アルチザン)」が注目を集めています。


その「2k540」ギャラリー街の通り沿いの

EMP GALLERYにて、金田充夫作 窯変紅葉茶碗を

出展します。


金田充夫作−窯変紅葉茶碗 正面


金田充夫作−窯変紅葉茶碗 見込




以下の会場、会期にて開催されます。


■ING〜海外アートフェア選考展〜ver.6

■会期:2014年5月7日(水)〜6月8日(日)※月曜定休

■会場:EMP GALLERY GalleryA,B
    (東京都台東区上野5-10-10)



おおよそ1ヶ月という期間、展示させていただけるので

観光客をはじめ、多くの国内外の方々にご覧いただける

良い機会と期待しております。



窯変紅葉茶碗は、たった一種類の釉薬(ゆうやく)で、

焼成するときの酸化・還元の加減や

温度変化で7色を作り出し、

”窯が絵を描く手法”で、この発色を実現しています。



日本の美しい紅葉の景色を、その器の肌に写す、

実際の作品をご覧いただき、その驚きをご体感ください。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 18:53|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

銀座にて19th日本の美術 受賞作家展に紅葉茶碗を再出展

2014年2月に上野の森美術館にて開催されました

19th日本の美術 全国選抜作家展にて、

「審査員特別賞」を受賞しました紅葉茶碗”七彩”が

5月に銀座にて開催されます受賞作家展にて

ふたたび出展されることになりました。


審査員特別賞-紅葉茶碗


審査員特別賞-紅葉茶碗正面


審査員特別賞-紅葉茶碗見込




以下の会場、会期にて開催されます。


■19th日本の美術 受賞作家展

■会期:2014年5月12日(月)〜5月17日(土)6日間

■時間:11:00〜18:00(※初日は15:00から。最終日は14:00まで)

■会場:銀座アートスペース・ジャンセン美術館
    (東京都中央区銀座6-3-2 ギャラリーセンタービル4F)

■主催:日本の美術選展実行委員会






お近くにお越しの際は、是非、実物をご覧ください。

入場は無料です。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 20:12|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

マルタ騎士芸術大賞受賞作品−紅葉茶碗”七彩” 金田充夫

リゾート地として有名な地中海のマルタ共和国。


芸術の地としても名高いマルタ共和国の

ガヴァリエリホテルにて開催された

精鋭日本芸術マルタ騎士展にて、

最高賞となる「マルタ騎士芸術大賞」を

受賞させていただきました。


■芸術大賞受賞作品−紅葉茶碗”七彩(しちさい)”/金田充夫


紅葉茶碗”七彩”正面


紅葉茶碗”七彩”見込





美術書籍「FOUND ART JAPAN」の表紙を飾らせて

いただきました。


紅葉茶碗”七彩”大賞受賞




ご支援をいただきました多くの関係者の方々に

あらためまして感謝いたします。






arrow3_orange 精鋭日本芸術マルタ騎士展への出展の記事








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 18:32|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

パリで開催の2014年日本選抜作家展へ紅葉茶碗を出展

フランスでは、2月にラ・ガゼット・デ・ザール出版社から、

現代アーティスト名鑑にて、当ギャラリー南天の代表陶芸作品

「紅葉茶碗”七彩”」の発表を行ったところですが、


4月には、パリのエチエンヌ・ドゥ・コーザン・ギャラリーにて

「紅葉茶碗”七彩”」の実物を展示発表します。


紅葉茶碗 七彩 inパリ




■会期:2014年4月19日(土)〜4月25日(金)

■会場:エチエンヌ・ドゥ・コーザン・ギャラリー(フランス−パリ市内)




”唯一無二の秘技”と称された、金田充夫作 紅葉茶碗”七彩”を

実物にて、是非ご覧いただけましたら。






arrow3_orange ガゼット・デ・ザール出版 現代アーティスト名鑑の記事








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 16:53|PermalinkComments(0)