釉薬

和文化・日本の陶芸

赤い茶碗の焼成、キャンバスは器、筆は窯の炎

絵付けの焼き物など、一般的な焼き物の着色は、

三色を施すには、三種類の顔料(絵具)を使います。


絵を描くときの一般の絵具

一般の絵具のイメージ




しかしながら、当、南天窯(なんてんがま)の焼き物は、

一種類の顔料(釉薬)で、七色を同時に発色させます。


一種類の釉薬ですが焼成時に多彩に窯変





まるで画家が絵を描くが如く、

様々な中間色をも出し、

多彩な色合いを作り出します。



キャンバスは器自身、筆は窯の炎。炎が描く陶芸作品。

窯変南天赤(ようへんなんてんあか)と名付けました。


自然界の色変化のごとく多彩に発色





窯変南天赤の焼き物は、

赤の顔料を高温にて化学反応をさせて、

その分子構造を様々に変化させることで、

たくさんの色を、一度の焼成で同時に作り出します。


その色合いの変化(化学反応)は、

自然界でも、春夏に緑の木の葉が、

秋になると黄、赤にと紅葉していく色合いの変化と

同じ原理なのです。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 16:05|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

抹茶茶碗の見込から躍動感が伝わってきます

作陶する抹茶茶碗やぐい呑みの陶芸作品たちは、

赤の釉薬を基本に使いますが、

独自の釉薬調合と窯の開発で、

ひとつの釉薬で、一度の焼成で、

多彩な色合いに変化させる焼成技法を成功させています。


ずっしりと存在感のある抹茶茶碗が出来ました。


存在感のある抹茶茶碗





ごつごつした岩肌のよう。

赤から黄、橙、緑、黒、青など、

予期できない色合いの変化が見所です。


抹茶茶碗の胴肌





見込を覗いてみると、

外観とはまったく異なる景色が広がります。


抹茶茶碗の見込に広がる景色





翼を広げ、羽ばたくような、

生命の躍動感が伝わってくるようです。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 10:03|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

釉薬づくり、大自然には未知の材料がいっぱい

赤い抹茶茶碗や赤いぐい呑みを作る陶芸家生活ですが、

釉薬(ゆうやく)もあれやこれやと自分で作っています。


灰になるものなら何でも焼いて、

灰を作り、釉薬をつくります。


山の木から、畑の作物、原野の草木、茶がら、玉ねぎの皮まで。

みんなそれぞれ個性をもっており、

使えるもの、使えないものもいろいろ。


その中にひとつ、桑の木の株の灰がおもしろく、

灰釉として使うと鮮やかな緑色を出し、

志野に使うと昇華する銅を見事につかみ、

紫の霧を醸し出してくれました。


まだまだ未知の材料が大自然にはいっぱいあります。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 10:42|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

日本の四季の色変化を写す赤い抹茶茶碗

当ブログでご紹介しています赤い抹茶茶碗は、

一種類の赤い釉薬で、

多彩な色合いを出すことが大きな特徴ですが、


こんな、落ち着いた艶やかさのある

赤い抹茶碗ができました。

日本の四季を彩る抹茶茶碗





赤色を基調としながらも、

春の桜色、夏の深緑、秋の紅葉。


抹茶茶碗全体に降りかかった

長石の霜降り柄が雪の様子にも見え、


一種類の釉薬で、一度の本焼き焼成で

多彩な色変化を表現し、


日本の四季を器に写し取ったようになりました。



茶席でも、お抹茶の緑と相まって、

楽しませてくれる抹茶茶碗です。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家のトップへ


akaitouki at 09:00|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

施釉−釉薬をかける(赤い抹茶茶碗、ぐい呑みの作り方)

当ブログ

「赤いぐい呑み抹茶茶碗の陶芸家」では、

赤い抹茶茶わんと赤いぐい呑み

陶芸作品を専門に作陶していますが、


前回の素焼き作業に続き、

赤い抹茶茶碗の最大の特徴になる

施釉(釉薬をかける)段階に入ります。



素焼きが終わったら、

いよいよ釉薬(ゆうやく)がけを行います。

釉薬(ゆうやく)とは、陶器にかける上薬のことです。


赤い抹茶茶碗の素地を、

釉薬のガラス質でコーティングすることで、

水漏れを防いだり、

赤い抹茶茶碗の素地の強度を高めたりします。


そして何より、釉薬は、その発色の具合により、

いろいろな”景色”を器に写し取ります。


赤い抹茶茶碗の見所を豊かにしてくれる

とても重要な工程となります。


これから釉薬がけ






赤い抹茶茶碗の最大の特徴となる

夕焼けのような鮮やかな赤色を発色させるために、

独自に調合した、赤の顔料を含んだ釉薬を使います。


釉薬がけの様子






一般的には、

楽焼(らくやき)などに用いられる赤の顔料は、

窯の温度が750から800度という低い温度で

赤色を発色しています。


それ故に、楽焼はもろく、丁寧に慎重に

取り扱うことが要求されます。



楽焼よりも強度の高い陶器を作る場合には、

1,200度を超える高温では、

赤の顔料が沸点を超え、昇華蒸発してしまうため、

陶器で鮮やかな赤色を発色することは

現実的にはあり得ないことだと言われてきました。



この鮮やかな赤色の抹茶茶碗ぐい呑みは、


独自の釉薬の調合により成功させた、

鮮やかな赤色を見事に発色させる新しい陶芸技術です。





赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家のトップへ


akaitouki at 21:41|PermalinkComments(2)

和文化・日本の陶芸

おめでたい酒器、窯変する赤いぐい呑み

赤という色は、

お祝いや喜びを表すときに用いられる

おめでたい色と言われます。


そんな赤を基調にした、

鮮やかな赤いぐい呑み陶芸作品を作っています。



この赤いぐい呑み作品は、

鮮やかな赤を基調にして、

酸化焼成・還元焼成を使い分け、

ひとつの釉薬でありながら、

ぐい呑みの小さな器の肌に、

多彩な色合いの景色を描いています。

窯変する赤いぐい呑み




ぐい呑みの器の肌をよく見ると、


絵付けや重ね塗りでは表せない、

なめらかな色の遷り変りがご覧いただけます。


窯変するぐい呑みの器肌





鮮やかな赤、窯変(ようへん)や、

貫入(かんにゅう)も見事に現れ、

抹茶茶碗に負けず劣らず、

器に写し取った鮮やかな景色を楽しんでいただける

赤いぐい呑みになりました。

窯変するぐい呑みの見込





お祝いのお酒を、おいしく楽しんでいただける、

そんな赤いぐい呑みなのです。





赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家生活のトップへ


akaitouki at 21:57|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

抹茶茶碗が七色に窯変する、不思議な陶芸作品

陶芸作品を本焼き焼成するときに楽しみにしていることは、

作品ごとに異なる窯変(ようへん)です。



窯変(ようへん)とは、陶芸作品を焼成するときに、

炎の性質や釉薬(ゆうやく)の含有物質などが原因で、

陶芸作品に予期しない色が発色すること。




赤い抹茶茶碗や赤いぐい呑みの作品を作陶していますが、

一種類の釉薬を使って、一度の本焼きで、

その一種類の釉薬の発色を七色に変化させる、

なんとも不思議な抹茶茶わんができました。

抹茶茶碗が七色に窯変、その1





この抹茶茶碗は、独自に開発した赤の釉薬を使い、

独特の焼成技法により、その赤を、緑、黄色、橙(だいだい)、

紫、黒、白など、七色に窯変した器肌の景色が特徴的です。

抹茶茶碗が七色に窯変、その2





抹茶茶碗を見る角度によっても、全然違った景色を

楽しんでいただくことができます。

抹茶茶碗が七色に窯変、その3






実は、この抹茶茶碗は、すでにお嫁に行ってしまいました。


喜ばしいことに、

とても陶芸を好きな方の元に行くことができましたので、

何とも幸せな抹茶茶碗です。




赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家生活のトップへ


akaitouki at 14:05|PermalinkComments(2)

和文化・日本の陶芸

もみじのような、銀杏のような、赤いぐい呑み

赤い釉薬は、本来は赤色を出すための釉薬です。

当り前のことなのですが、この赤いぐいのみは、

それが当り前ではないのです。




この赤いぐい呑みは、赤い釉薬を使い、

赤を他の色に変えるという独特な焼成技法を使います。


もみじや銀杏の赤いぐい呑み




赤色が、茶色や黒へ。

また、赤色が橙(だいだい)や黄色へ。


秋の紅葉は、銀杏(いちょう)の黄色や、もみじの赤や、

いろいろな色が鮮やかに混ざっています。



ちょうど見込(みこみ)を覗いて見ると、

お酒をそそいだ器の中に、

秋の紅葉が詰まっているよう。


もみじや銀杏の赤いぐい呑み(見込)




お酒を楽しみ、紅葉の景色を楽しむ。

そんな赤いぐい呑みなのです。




赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 21:49|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

赤色が緑や他の色に窯変する不思議な抹茶茶碗

赤い陶器を作るには、赤い釉薬を使いますが、

陶器の釉薬で赤というと、辰砂釉(しんしゃゆう)があります。


辰砂釉の赤は、濃く深い赤で、エンジ色、紫色にも

似た色合いです。



窯変南天赤と名付けたこのやきものは、

辰砂釉は使わず、独自の釉薬の調合により、

鮮やかな赤色が出る釉薬を開発したものです。


赤が緑に窯変する不思議な抹茶茶碗





赤の色合いは実に鮮やかで、まるで秋の紅葉のよう。

さらに焼成時の窯変によって、赤が他の色に変化する様子が、

ちょうど、自然界の深緑の緑が、紅葉の赤に移り変わる様を

写し取ったようにも感じます。


赤が緑に窯変する不思議な抹茶茶碗-胴肌





お茶会では、緑のお抹茶を、

こんな鮮やかな赤い抹茶茶碗でいただくもの、

実に味わい深いものがあります。


おめでたい席には、なお良しです。




赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ



akaitouki at 20:35|PermalinkComments(2)