金田充夫

和文化・日本の陶芸

金田充夫(かねだみつお) 世界芸術遺産作家

陶芸家 金田充夫(かねだみつお/Mitsuo Kaneda) 作


窯変紅葉茶碗 「七彩」
(ようへんこうようちゃわん 「しちさい」)

金田充夫 窯変紅葉茶碗 七彩


金田充夫 窯変紅葉茶碗 七彩見込

幸せの青い鳥の羽ばたく姿が器の見込みに浮かび上がった奇跡の作品



1934年愛知県生まれ 

1976年に染色技術者から陶芸に転身

独学で、化学知識を基に、

一つの釉薬で七色を発色する ” 七色釉 ” を作り出し、

” 窯が絵を描く ” 手法を開発



arrow3_orange 陶芸家 金田充夫の受賞歴および受賞作品



↓↓↓紅葉の器 通販ショップの作品を見る↓↓↓

こちらをクリック!







arrow3_orange 赤い抹茶茶碗の陶芸作品はこちら

arrow3_orange 赤いぐい呑みの陶芸作品はこちら










------------------------------------------------------------

フランス「エトワール芸術大賞」受賞

エトワール芸術大賞受賞


”不変の自然美を、一瞬の七色で再現する名品”


目にした人全てに、永遠の感動を刻む「窯変紅葉茶碗」は、

日本人の生み出した陶芸美の、究極の高みである。


前史に例なく、後代千年も、恐らく後継はない。

一代限りの輝きであり、極美の宴である。


もっとも自然の色彩の清々しく、華ある秋の絶景が

本作には、こぼれんばかりの生々しい色の洪水で顕現されている。


金属的な神秘の赤モミジの発色。山から降りてくる茶や黄色の流れ。

まるで水色の桜花のような茶溜まりの秋空。

高台からの白の配分も、一層全体の色を煌々と照らし、声もない。


作家は”窯に絵を描いてもらう”と苦もなく述べるが、

その謙虚な作陶姿勢にも胸打たれる。

作家の作品は、日本の誇りであり、小さな奇跡の実体化でもある。



     文/クリスティーヌ・モノー









akaitouki at 20:08|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

絵画を凌ぐ陶芸を

一つの釉薬で七色が出るので

器をキャンバスにして

絵を描くことができる。


自然色なので 

自然の風景を作り出すことができ


時には自然を凌ぐ彩りが生まれ

絵画を超えた色彩の作品が生まれ


作る喜びが一層高まり

作家冥利に尽きるというもの。


陶芸画家という人がいる。



窯変紅葉茶碗「七彩」_25









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 21:21|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

創作は未知への挑戦

今までに無いものを生み出すのが作家の使命。


自然には未知がいっぱい 

人間の知るところは少ない。


我が陶芸窯変の作品は 

自然の原理を取り入れたもので


人の手を使わず

一つの釉薬で七色を生み出し

窯が描く唯一無二の技術にて作り出すやきもので

至上の喜びを感じます。



窯変紅葉茶碗「七彩」_24









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 16:04|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

精進すれば報われる

情熱は燃やし続けるもの。


陶芸に自然の原理を使うと自然が生まれ

自然の機能に人間の能力を足すと

自然を超えた自然が生まれる。


遥かなる自然には 

永遠の喜びがある。


我が窯変のやきものは

変幻自在の顔を持つ 

前史に無いやきものであり

命も喜んでいる。


燃え尽きるまで人生だ。



窯変紅葉茶碗「七彩」_22









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 16:00|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

人生は挑戦

人間は知ることで恵まれる 知恵の生きもの。


知らないことを知って 知恵を積み上げ

新しいものを作り出して 生活を豊かにする。


自分に何が出来るか 一生をかけて挑戦するのが

生きるということ。



窯変紅葉茶碗「七彩」_21









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 15:57|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

我が道をゆく

産まれた時、人は皆 死の宣告を受けている。


死を忌み嫌い 遠ざけて生きているから

生きることの大切さが分からない。


産まれて死で終わる人生

その時を無駄にすることは 

自分を無駄にすること。


人間として成し得ることを実践し

成果を掴むことが 産まれて来た者の

果たすべき使命というもの。


いま出来る事に 熱中。



窯変紅葉茶碗「七彩」









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 14:41|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

健康が第一

ご加入いただいております生命保険は

満85歳になられる3月31日をもって

終了となります、、、という通知が来た。


我が命も賞味期限かと淋しい思いと

よくここまで生きて来られたもんだと

感慨深いものがあった。


これからいつまで生きられるか

天まかせ 運まかせになるが

今日、いい空気が吸えることが幸せ

という思いで作陶する。



窯変紅葉茶碗「七彩」









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 14:37|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

一番の宝は心の美

財宝、地位、名誉を得ても

一輪の花にはかなうまい。


何も言わず 何もしなくても

そこに居るだけで人を救う。


辛いとき、悲しいとき それをやわらげる

力でない力を持っている。


花は心の妙薬


人は人によって救われる

その人は 花の心を持った人。


花には真の美しさがあり

美を奏でる心こそが 最高の宝。



窯変紅葉茶碗「七彩」









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 17:25|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

花に感謝

初冬の庭に 痩せ細ったペチュニアが

寒さに耐えて 小さくなった花を

必死に咲かせている。


二年草でこの冬を凌いで

次の春から秋にかけて

一杯の花を咲かせる。


居間から、緑と花を見ながら

茶を飲む至福の時を過ごさせてもらえる。


耐え凌ぐのも 生きてゆくには必要条件。

生き方 教えてもらう。



窯変紅葉茶碗「七彩」









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 17:20|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

この世は自分の思うようにはいかないもの

この世は私のためにあるとか、

世界は二人のためになど、


歌の文句に踊らされると

この世は人間が中心と勘違いする。



大自然の中で人間なんてちっぽけなもので

自然の動きに何もできない。


天災人災で、いとも簡単に命が奪われる。



天まかせ、運まかせの人生を

如何に生き抜いてゆくか


そこには知恵がいる。



窯変紅葉茶碗「七彩」









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 17:09|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

作品づくりはインスピレーションが大事

作業の途中で ”こうしたらどうだろう”と

一瞬ひらめく事があり、


失敗成功は考えないで 即実行すると

時に新しい世界の芽が出てくることがある。



今までにないもの、

誰もできないものを見つけ出してゆくには


常にその場その場の状況判断が大事で

前へ前への開拓の姿勢が必要。



南天ぐい呑み









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 10:18|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

幸せの中で幸せは見えない

幸せをないがしろにすると不幸に落ちる。


幸せの姿は見えにくいから

身の回りにあっても気づかない。


気づいたときは、

たいがい後の祭りで取り返しがつかない。


本当の幸せは苦難を凌ぎ、身を以って実感するもので

どこかから貰って来るものではない。


他人の姿を我が身に写し、

良きをまね、悪しきを戒めとする。


他人が自分を育ててくれる。



南天赤茶碗









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 20:09|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

一度人生無駄にしない

今 何してる。

今 何考えてる。

今 何が出来る。


これが今の自分の実力。


歳を重ね 学習努力し 様々な経験の中から

希望、喜び、生き甲斐を見つけ出してゆく。


人がやらないことを

人の出来ないことをする。


そこに自分が現れる。


自分を育て 自分を大切にする。

これが一生の大事業。



抹茶茶碗









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 18:09|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

真っ当な生き方をする

昔 親は世間さまに迷惑をかけるな、

警察のお世話になるような事はするな と言って

子育てをした。


貧乏で親の苦労を知っていたから、

大きくなったら 親を楽にさせたいと思って育った。


悪いことをしたら家族が悲しむ。

良いことをして皆に喜んでもらいたい。


辛くとも曲がった道は歩かない。

それが人の道だと信じて生きて来た。



南天茶碗









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 16:32|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

いつもその笑顔に救われる

人間の基盤は夫婦。


夫婦は二人三脚、結んだ足は不自由だけど、

ゆずり合い 助け合う 互いの絆。


夫婦は互いに出会ったもう一人の自分。


一人では辛いから、女は男の力を借りて、

男は女の優しさもらって 生きてゆくのです。


この人の喜ぶ顔を喜びとする。


苦しかった時は そばに笑顔があった。



窯変紅葉茶碗「七彩」









赤いぐい呑みと茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 15:30|PermalinkComments(0)