陶芸家

和文化・日本の陶芸

金田充夫(かねだみつお) エルミタージュ世界芸術遺産認定作家

陶芸家 金田充夫(かねだみつお/Mitsuo Kaneda) 作


窯変紅葉茶碗 「七彩」
(ようへんこうようちゃわん 「しちさい」)

金田充夫 窯変紅葉茶碗 七彩


金田充夫 窯変紅葉茶碗 七彩見込

幸せの青い鳥の羽ばたく姿が器の見込みに浮かび上がった奇跡の作品



1934年愛知県生まれ 

1976年に染色技術者から陶芸に転身

独学で、化学知識を基に、

一つの釉薬で七色を発色する ” 七色釉 ” を作り出し、

” 窯が絵を描く ” 手法を開発



arrow3_orange 陶芸家 金田充夫の受賞歴および受賞作品



↓↓↓紅葉の器 通販ショップの作品を見る↓↓↓

こちらをクリック!







arrow3_orange 赤い抹茶茶碗の陶芸作品はこちら

arrow3_orange 赤いぐい呑みの陶芸作品はこちら










------------------------------------------------------------

フランス「エトワール芸術大賞」受賞

エトワール芸術大賞受賞


”不変の自然美を、一瞬の七色で再現する名品”


目にした人全てに、永遠の感動を刻む「窯変紅葉茶碗」は、

日本人の生み出した陶芸美の、究極の高みである。


前史に例なく、後代千年も、恐らく後継はない。

一代限りの輝きであり、極美の宴である。


もっとも自然の色彩の清々しく、華ある秋の絶景が

本作には、こぼれんばかりの生々しい色の洪水で顕現されている。


金属的な神秘の赤モミジの発色。山から降りてくる茶や黄色の流れ。

まるで水色の桜花のような茶溜まりの秋空。

高台からの白の配分も、一層全体の色を煌々と照らし、声もない。


作家は”窯に絵を描いてもらう”と苦もなく述べるが、

その謙虚な作陶姿勢にも胸打たれる。

作家の作品は、日本の誇りであり、小さな奇跡の実体化でもある。



     文/クリスティーヌ・モノー









akaitouki at 20:08|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

日本の春、桜の景色を器に映す桜茶碗が出来ました

日本の四季の春のといえば、桜の景色を想像します。


淡いピンクが発色する桜の釉薬をあらたに開発し、

南天窯から新作として、

窯変桜茶碗(ようへん さくらちゃわん)が出来ました。



日本の春 桜茶碗



日本の春 桜茶碗



日本の春 桜茶碗





桜の花びら舞う、春のお花見の席には、

桜茶碗がよく似合いそうです。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 15:49|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

日独芸術の絆 美術展に窯変紅葉茶碗「七彩」を出展

日本東京と、ドイツベルリンが姉妹都市協定を結んだ

20周年を記念して、それぞれ両都市で美術展が

開催されます。


芸術の絆 美術展




当ギャラリー南天からは、窯変紅葉茶碗「七彩」を

出展します。


ひとつの釉薬で七色を発色する”七色釉”の奇跡により、

美しい日本の秋、紅葉の世界を器へ焼き付けた

類のない独創的な陶芸作品です。


窯変紅葉茶碗「七彩」


窯変紅葉茶碗「七彩」




美術展の会期、会場は以下です。


■ 芸術の音色 〜Art Harmony〜 美術展

 会期:2014年6月22日(日)〜24日(火)

 会場:シャルロッテンブルグ宮殿 グローセ・オランジェリー
   in ドイツベルリン

 後援:共益法人独日協会ベルリン



■ 芸術の絆 美術展

 会期:2014年8月20日(水)〜23日(土)

 会場:東京芸術劇場展示ギャラリー1(池袋)

 後援:ラーテノウ芸術家グループ



是非、実物をご覧ください。入場は無料です。








金田充夫 赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 14:26|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

ひとつの釉薬が赤、黄、緑、青など七色に変化する抹茶茶碗

赤い抹茶茶碗や、赤いぐい呑みを作陶していますが、

赤色の釉薬が、赤、黄、緑、橙、青、白、黒と、

七色に変化する見事な抹茶茶碗ができました。


七色に窯変する抹茶茶碗




七色の抹茶茶碗の胴肌





ひとつの絵の具(顔料)で七色を出すといっても、

普通はあり得ません。



自然界では、秋の紅葉の季節には、

緑の葉が、黄色に変わり、赤色に変わり、

一枚の木の葉が、色とりどりに変わっていきます。


自然では、常にある普通のことです。




陶芸において、

赤の色素を還元して不飽和状態にして、

他の元素と反応させると分子構造が変化して、

他の様々な色に変わっていきます。


科学すれば、何の不思議もありません。




自然の木の葉に現れた色とりどりの変化も、

これは、太陽の光によって起こる化学変化。




陶芸を科学して誕生した、

一種類の釉薬で七色に変化する陶芸作品たちに、

陶芸家としての楽しみがどんどん湧いてきます。


七色の抹茶茶碗の見込










101128_youhen01見たことがない陶芸作品の数々、「紅葉の器」の特徴はこちら











赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 16:57|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

陶芸とことばの書、幸せつかむ

陶芸作品の作陶生活の中で、

心に想うことを書き留め、

ことばの書として表現しています。


ことばの書、幸せつかむ





患って知る 

健康の尊さ


失って知る 

人生のいろいろ


人は苦しんだ分だけ


幸せつかむ







がんばろう、日本。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 21:03|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

陶芸家のつぶやき




  欲を捨てれば 喜びは 総て成功の証




  当たり前をありがたく思えたら大人




  心に花があれば 人生は楽しい




  誰も作れないものを作ることが 作る者のあこがれ




  夢を一生追い続けて終わることが夢




  情熱を打ち込むものがあって 

           新しい感動に出会える



  
  生きる面白さは出来る面白さ 

             興味が始まり




  人は心の中に生きる 

        感じることが存在すること




  身があって心

       総てはこの世の出来ごと



  
  本物を見つけ 本物になる

          虚飾の世界はむなしい



  
  支えてくれた人が居たから

            今の喜び




  この世の中で 自分にだけ出来ることがある

                 創造の世界



  
  息が止まれば人間終わり

        きれいな息をすること

            そしたら心が美しくなる









赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ



akaitouki at 16:41|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

陶芸家生活の傍らの農作業、心も新鮮になります

美は、心が食べる最高の料理といいます。

より良い生き方を求める時、

美を感じる高い能力が大切だなあと思います。



作るなら美しいもの。


赤は色の王様。

赤はお祝いの色、喜びの色、元気の色。


赤いぐい呑みや抹茶茶碗の作品づくりの毎日ですが、

美しい赤の世界を作り出していくことが

なんとも生きがいになっています。




作陶の傍ら、農作業をしています。


土をつくり、種をまき、芽が出て、丈が伸びて、

花が咲き、実を稔らせて、それを味わう。


自然は実に正直。

努力しただけ、その成果がもらえます。


スイカとトマトが稔りました





毎朝、畑へ行き、作物の成長を見ると、

その生き生きした姿に、いつも心が新鮮になり、

新しい気持ちで作陶に向かうことができます。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 17:10|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

釉薬づくり、大自然には未知の材料がいっぱい

赤い抹茶茶碗や赤いぐい呑みを作る陶芸家生活ですが、

釉薬(ゆうやく)もあれやこれやと自分で作っています。


灰になるものなら何でも焼いて、

灰を作り、釉薬をつくります。


山の木から、畑の作物、原野の草木、茶がら、玉ねぎの皮まで。

みんなそれぞれ個性をもっており、

使えるもの、使えないものもいろいろ。


その中にひとつ、桑の木の株の灰がおもしろく、

灰釉として使うと鮮やかな緑色を出し、

志野に使うと昇華する銅を見事につかみ、

紫の霧を醸し出してくれました。


まだまだ未知の材料が大自然にはいっぱいあります。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 10:42|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

陶芸とことばの書、今が一番若いとき

新しい年が明け、また1年夢を追い求め、

赤い抹茶茶碗やぐい呑みの作品を作る陶芸家生活。


陶芸作品を作る日々の中で、

込み上げてくる想いを言葉の書として、

文字の形と色で表現しています。



今が一番若いとき





人生は

いつもこれからが始まり


見たいものがいっぱい

会いたいものがいっぱい


今が一番若いとき








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 13:37|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

陶芸と、魂のふる里想うことばの書

赤い抹茶茶碗やぐい呑みなどの

陶芸作品を作りながら、


陶芸家生活の中での想いを

ことばの書として表現します。


魂のふる里想うことばの書




子は母からいのちをもらい

おっぱいに吸いつき

肌のぬくもりを感じながら育つ


その子が一生を通じて

最後まで忘れることの出来ない

魂のふる里


それが母








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 19:52|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

仲良しの夫婦のような赤い抹茶茶碗とぐい呑みです

陶器では珍しいと言われる、

鮮やかな赤い陶芸作品を作陶しています。


赤い抹茶茶碗ぐい呑みを日々

作り続ける陶芸家生活ですが、


仲の良い夫婦のような、

よく似た抹茶茶碗ぐい呑みができました。


仲良し夫婦のような抹茶茶碗とぐい呑み





個展での作品発表の他、

2008年の6月から、インターネットでも

陶芸作品の紹介を始めましたが、


最近では北海道から九州まで、海外は英国からも、

広い地域の方々から、多くのご注文をいただき、

感謝の日々です。


随分と年を重ねてきましたが、

貴重なご意見など頂戴しながら、

より良い、より美しい陶芸作品作りに

まだまだ精を出したい。


燃え尽きるまで、夢を追い続けたいものです。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 20:03|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

陶芸とことばの書、美は心が食べる最高の料理

赤を基本とし、一種類の釉薬でありながら

赤からいろいろな色へ変化するという

世にも不思議な陶芸作品を作陶しています。


赤い抹茶茶碗やぐい呑みの作品が中心ですが、

赤の美しさに、はっとさせられます。


美は心が食べる最高の料理




もの金は

人間が使うもの


心は人間を

支配するもの


腹の足しには

ならないけれど


美は心が食べる

最高の料理




陶芸家生活の中で浮かぶ想いを、

”ことばの書”として

書き留めています。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 16:25|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

陶芸家生活の中、畑で育つ作物に励まされるなあ

鮮やかな赤い抹茶茶碗ぐい呑み

陶芸作品を作っていますが、

30年以上続けてきた陶芸家生活は

おのれとの戦いの日々。



そんな時でも、畑に行き、

成長する作物を見ると気が晴れます。



「おまえらも、精一杯生きているんだなあ」



こちらも励まされます。


陶芸家生活と畑仕事










赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 22:07|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

陶芸家生活とナスの栽培

鮮やかな赤色の抹茶茶碗ぐい呑みの作陶を

日常としていますが、

そんな陶芸家生活の傍ら、

畑を耕し、農作物を作っています。


ちょうどナスが大きくなってきました。


ナスを栽培しています





ナスは30株ほど、作付けしました。

水分をきらすといけない作物なので、

常に注意が必要です。


花がすべて実になるので、

たくさん収穫できるのですが、

夫婦ふたりでは、なかなか食べ切れません。


一本で春と秋、二度収穫できるので、

これからの秋のナスは、

やわらかくて味も良い。








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 18:28|PermalinkComments(0)

和文化・日本の陶芸

陶芸と、定めに想うことばの書

陶芸家として、

赤いぐい呑みと抹茶茶碗を中心の作陶する毎日ですが、

陶芸作品づくりの陶芸家生活の中で、

込み上げてくる想いを詩に書き留めて、

「ことばの書」としています。


定めに想うことばの書





のがれられない

定めに泣いて、


流す涙に

慰められ、


未練の鎖を

解かしてもらう








赤いぐい呑みと抹茶茶碗の陶芸家 のトップへ


akaitouki at 10:59|PermalinkComments(0)